※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

桜の木の下で泥酔した二人。


「だからよぉ、俺はこのままじゃダメなんだよぉ」
「んなこと言ったって、お前元々ダメ人間じゃねーかァ」
見えるのは、提灯に照らされて暗闇に浮かぶ春の花だけ。
聞こえるのは、酒に呑まれたバカ二人、つまりオレとあいつの管巻く声だけ。
いつの間にか他の奴らはどこかに行ってしまって、オレたちだけが地面に寝そべっている。

「なぁ、桜の木の下には死体が埋まってんだってよ」
それまで自分がいかにダメかを熱弁していたあいつが、ふと声を落とした。
「何だよォそれ、どの漫画に出てきたネタだ?」
あいつはオタクだから、時々変なことを言う。茶化すつもりであいつの方に顔を向けると、
「……俺さぁ、お前と一緒に埋まりてぇや」
目が合った、と思ったら、手首を掴まれていた。
「このまま桜が散ってよぉ、花吹雪がどんどん積もってよぉ、なぁんにも見えなくなんだよ。
 そしたら俺ら二人、花と土に挟まれて腐って混ざって、肥やしになってこの木に吸い上げられて、また桜に生まれ変わんだよ」
あいつは、オレを見つめたままで歌うようにつぶやいた。
アルコールに浸された脳では、その言葉も意図も何一つ処理できなくて、ただ手首に巻きついた指の熱さだけがリアルだった。でも、
「その花、きっとすげぇ綺麗なんだろうなぁ」
ふたりぶんの死体を隠した桜の花を想像したら、寒くもないのに背筋が震えた。

「……お前って、ほんっとバカだな」
オレの返事を聞いたあいつは、一瞬オレの手首を血が止まるほど締めあげた後、パッと手を離した。
「なんなんだよー一体」
「酔っぱらいの戯言ってやつだ、明日にゃ忘れてろよ」
あいつはそう言って、ごろりと寝返りを打ってオレに背を向けた。
「何だよそれ……っ」
言いかけた文句は、突然襲ってきた睡魔に吸い取られる。
あいつの言う通り、きっと明日にはオレもあいつも全て忘れているんだろう。
またいつもと変わらない毎日が始まるんだろう。
でも、あいつの言葉も、手首の痛みも、
「忘れたく、ねぇなぁ」
そう願いながら、ゆっくりと瞼を閉じた。