※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

優等生弟×空回り兄


「制服のシャツ出せ、俺ワイシャツ洗うから一緒に洗濯してやる」
「は?もう自分でやったし」
「そ、そうか…」

「腹減ったよな? 晩飯何がいい?」
「カレー作っといた」
「そ、そうか…」

「勉強どうだ? 受験も近いし、 久振りにみてやろうか?」
「いらね。社会人4年目のやつが受験勉強教えられるかよ、忘れてんだろ」
「そ、そうかもな…」
「模試こないだA判定だった」
「そうか。夏までテニス部部長に生徒会長やってたのに、ちゃんと勉強してて偉いな」
「別に、ふつー」
「そ、そうか………」
しょんぼりするなよ。
勉強も部活も全部完璧にして、俺のことでお前を煩わせるようなマネはしない。
それが、学生の俺が大人のおまえのためにしてやれる精一杯のことだからやってんだ。
普段社畜で全然家にいないんだから、たまの定時上がりの日くらい、弟のことより自分のこと考えろ。
あと、大人になったらお前がかけてくれた物倍返ししてやるから覚悟しとけ。