※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

城に潜入して捕まる、お間抜けな忍者さん危機一髪

人手不足か、はたまた細作頭の気の迷いなのか、
半人前の彼に重要任務が回ってきたわけですよ
それも、同盟の材料として献上されるはずの茶器を
秘かに破壊するという、超危険任務

で、本丸に潜入した途端、あっさり見回りの同心に発見される忍者
牢にぶち込まれてしまい必死に打開策を見出そうとするものの、
「困ったときはなぁ、忍法お色気の術だ。」
と得意げに説く先輩忍者を思い浮かべてしまい、かなり泣きそうになる忍者
格子に向かって色気を振りまいたってなぁ…誰も見てないし

ところがどっこい、その一部始終を見ていたのが、城付きの御殿医

細作というが、見ればほんの子どもではないか
しかしこのまま放っておけば、拷問は免れまい
拷問、その結果はほぼ間違いなく死を意味するわけで、
そのことを思うと何故だかたまらない気持ちになる医者
自前の着物を着せて裏木戸からこっそり逃がしてくれるんですよ
それは多分、生真面目医者の人道的な良心から出た行動だったんだけど
里に戻った後もあの医者が気になって気になって、
我知らず借りた着物に顔をうずめてたりすればいいと思う

一流忍者に成長した暁には、着物を返しに、とか言い訳しつつ
無意味に幾度も忍び込んでは会いに行き、
いずれ何かの拍子に色恋沙汰にまで発展すれば尚いいと思う
勘違いから始まる801だっていいじゃないか