※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハーゲ○ダッツを買い込む客とコンビニ店員


よれっ……と効果音の書き文字をつけたいような姿だった。
コートには雨が滲みて、髪もびしょびしょで、寒いのか顔色も悪くて、目の回りだけが赤い。
深夜2時過ぎの住宅街のコンビニに、客なんか滅多に来ない。ましてや今夜は雨だ。
そこへきてそのサラリーマンらしい男が棚のハーゲ○ダッツを全部、全種類カゴに入れて持ってきたので、普段客に干渉したりなんかしない松永だったが思わず「すごいっすね……」と話しかけてしまった。
「……大好きなんだよ、悪いか」
男が気分を害したようだったので、しまったと思い黙る。ピッ、ピッ、と次々にハーゲ○ダッツをレジに通すと
「……以上、37点で11273円です」
と男に告げた。
男は万札2枚を叩きつけると「釣りはいらない」といった。
「や……あの、困るんですけど」
「だっていらないもん」
「はあ……」
いつもならそういう金は寄付金に放り込むのだが、なにせ金額が多すぎる。
「いいから取っておけ、俺、使うあてないんだよ」
「怒られますよ俺」
「黙ってとっとけ……いーんだよ、俺なんか、もう」
とりあえず男が自暴自棄なのが松永にもわかった。

「あーあ……クリスマスの予定も空いちゃったし、欲しかった限定フレーバーもないし、俺ついてない。お前んとこ種類少ない、俺、これからクリスマスまでずっとこれ食い続けるのに」
あと4日もあるのに。松永はあきれた。
こいつ、酔っぱらいで、女に振られて、自棄になってコンビニ店員に絡んでるんだろう。タチ悪い。
「お腹壊しますよ」
「いいんだよ、壊れた方が」
なんてダメ人間。松永はあほらしくなった。
「とにかく、おつりはもらってくださいよ、ほんっと俺困るんっす」
接客マナーはこの際必要ない。男の手をとって釣りを無理矢理握らせようとした。
「冷た……」
男の手の温度はハーゲ○ダッツと変わらない。こんな状態でアイス買って食べるって?
自殺行為という言葉が松永の脳裏をよぎる。
「ちょ、おっさん、死ぬぞ」
「誰がおっさんだ、お前接客なってないぞ」
「いいからこれ。食って、今すぐ」
松永はほかほかの肉まんを押しつけた。男が手に取らないので、口元にもっていって既成事実にしてしまう。
「あー、わかった。んじゃね、この釣りで肉まん売ってやる。カップスープも。
 あんた何が好き?あったかい物で。ほんで持って帰ってすぐ食って風呂入れよ」
「いやだ、なんでお前に命令されないといけないの」
「だっておっさん死ぬって、マジで。なにがあったか知らないけど、ハーゲ○ダッツもそんな食い方じゃもったいないだろ、
 もっと味わって食ってよ」
「だって……」
男は肉まんをもぐもぐ食べながら、さっきまでの勢いはどこへやらだ。
「……俺、俺なんか」
「何?なんか寂しいの。ふーん、クリスマス?わかったわかった、どーせ俺、ずっと深夜帯だからさ、
 遊びに来れば……とりあえずこのハーゲ○ダッツ、返品するか冷凍庫に入れるかしていい?」
「いや、それは買うよ、いったん買ったんだし」
「じゃ、冷凍庫に取り置いてやる。毎日来いよ?待ってるから」
松永は我ながらおかしなことになった、と思った。
松永は、シフト終了時毎回1個買う習慣にしているくらい自分も好きなハーゲ○ダッツを、大好きだという男に親近感を持っただけなのだ。
「釣りの残りも置いておくから。好きなの買えよ、絶対来いよ!」