※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

介抱


 昼に怪我をした。落ちて、足首をひねったのだ。労災になるとかで怒られた。
 病院に行ってレントゲン撮って、骨には異常なし。ただのねんざ。
 医者の言葉に、上司の新谷さんがあからさまにホッとしたので、むかついた。そんなに労災が怖いか。もっと大ケガすりゃよかった。
 もともと、新谷さんとはあまり仲がよくない。ガタイばかりでかくて、やたら細かい。うざい存在だった。

 夜になって、痛み出すまでは余裕だったのだ。
 ずきん、ずきんと痛めた箇所が脈打ちはじめて、あわてて痛み止めを飲んだが遅かったらしい。
 そういや氷で冷やせって言われたっけ、と思い出すが、あいにく冷凍庫は空っぽ。
 しかたなくビールで冷やすが、飲めない温度のビールばかり増えてちっとも治まらない。
 どんどん痛みが増し、気がつくと唸っていた。
 足が、おおげさじゃなく倍に腫れてる。心拍と一緒に、ズッキンズッキンと音が聞こえるようだ。
 床に転がって足を抱えた。顔まで熱くなって目が開けられない。口が勝手に痛い、痛い、とつぶやき出す。涙がにじんだ。じっとしてられないくて転げ回った。

 と、ドアチャイムがなった。
「加原? 新谷です、開けるぞ」
 驚いた。いくら会社の寮だからって、上司が来る時間じゃない。
「……すんません、今マジ勘弁してください、すっげ痛むんで……」
「だから来たんだ、お前、絶対冷やしてないと思ったから」
 新谷さんが勝手に入ってくる。マジでむかつく。帰れって言ったのに。他人に会いたくないのに。
 うめきが自分で抑えられない。たぶん、熱も出てきて、背中の汗は冷たいのに体は熱い。
「足、出して」
「……え?」
「ああ、やっぱり腫れた。テーピングしろって言ったのになぁ」
 ぼんやり思い出す。おおげさなことはしたくなかったから、俺が医者に断ったのだ。
「保冷剤いっぱい持ってきたから。冷凍庫空いてるか?これ入れるぞ」
 スーパーの買い物袋いっぱいに重そうな何かが入ってるのが見えた。
「痛かったら言って」
「あっ! ちょ、触らないで、いた、冷た!」
「だから保冷剤。縛っとくから、ぬるくなったら取り替える、わかったか?」
 抵抗する間も力もない。身を縮めてるうちになんどかケガの足を持ち上げられ、そのたびに「いたい!」と声にならない声をあげてしまう。
「そおっとやるから……ほらもういい」
 見ると足首はグルグル巻きだった。包帯じゃなくてレトロな手ぬぐい。保冷剤がいくつも入れられて、足首を三倍にしてる。
 冷気が伝わってくる感覚。最初と違って全然冷たく感じない。
 ズッキン、ズッキンと脈打っていた灼熱の痛みが、ゆっくりと、ゆっくりと軽くなっていく。
 それで、俺はようやく力を抜いて横たわることができた。足は動かせなくてだらりと垂れたまま。
「痛み止めは飲んだか?」
「さっき飲みました……」
「早く飲まないと効かないって言ったのに……で、なんだ、これ」
 テーブルの上の缶を見とがめられる。「まさか今飲んだんじゃないよな?」
「あ、えっと……昨日のです」
「……お前なぁ、絶対飲むなって言っただろう」
 確かに酔いがまわると同時に痛み出したのだった。
「こんなことなら、病院からつきっきりでここまで帰ってくりゃよかった」
 新谷さんは顔をしかめた。

「まだ痛いよな」
「痛いです……」
 でも、とりあえず呻くほどじゃなくなった。今はじっとしていたい気持ちで、返事をするのがだるい。
「見せて。すぐぬるくなるから、ほら、もう取り替えないと」
 保冷剤を外されて、キリキリ冷えたのをあてがわれる。
「もうちょっとしたら痛み止めが効いてくるはずだから。そしたらあと、自分でできるな?」
「はあ……何を?」
 新谷さんはちょっと困った顔をした。
 でも怒らない。『また聞いてない』って、いつも怒ってばかりなのに。
「……俺、なんでこんな痛いんですかね、ねんざなのに……」
「炎症起こしたらこんなもんだ、だから冷やせって医者も俺も言っただろ、言うこと聞かないからひどくしちまって」
「新谷さん優しいっすね」
「……俺の責任だから」
「俺、自分でやったんですよ」
「職場の事故は上司の責任」
「そんで優しいんだ……すんません」
 痛みはまだある。あるけど、緊張状態から解放されて、なんだか眠くなってきた。
「な、加原、一時間くらいでまた保冷剤とりかえるんだぞ」
 新谷さんが足の保冷剤を軽く、軽く触って何か言っている。神経が過敏になってるから、分厚い保冷剤越しなのに感じられるのだ。
 強く触れば激痛なのに、新谷さんの指が本当に軽くて、優しくて、それがなんだか……
「……加原、おい」
「なでなでしてください、痛いところ」
「え?」
「痛いんで、よしよししてくれたら気持ちいい……」
「お前、酔ってるの……本当に、もう」
 体が休息したがってる。とろとろと眠りに落ちた。
 あとで思えば、酒と痛みと薬で朦朧としていた。

 気がついたときは外がぼんやり明るい時間。
 新谷さんが、俺にかけた布団に足だけ突っ込んで寝ている。
 俺の足の保冷剤は冷たく、気持ちいい。ねんざの熱はまだ残ってるみたいだった。
 おそるおそる触って、思い出す……優しい、誰かの手が……痛みを癒してくれるその感触。
 息を呑んだ。
 ここで新谷さんが寝ている現実。相手がだれかも忘れて甘えた、俺の台詞。
「うわ……」
 思わず声が出た。
 苦手な上司に。今日だって職場で一緒になるのに。友達でも親でもないのに……すごく、優しくしてもらって。
 ひどく特別な夜だったような気がした。こんな時間を過ごしたあとで、どんな顔してみせればいい?
 俺は頭を抱えた。足が痛んで呻いた。
 新谷さんが目を開けて「まだ、痛いか?」と聞く。俺は首をぶんぶん振った。