※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

死んだはずの相手との再会


開口一番、どころか目があった瞬間殴られた。

「いってえ!!」
「いてえじゃねえよ馬鹿か!いやマヌケだな、こんなところにノコノコきやがって」
殴られた頭をそろそろとさする。コブにならなければいいが。
「コブになんかなるかよ馬鹿。じゃなかったマヌケ」
「そのネタはもういいって潤ちゃん。それにしても随分張り切ったナリで出てきたね」
11年前に死んだはずの親友は、おれと違って若々しい姿をしていた。
明快闊達を地で行く振る舞いに感情豊かな瞳。年のころは18そこそこか。
青年学校に通っていたころに付いた向う傷までそのままだ。
「還暦すぎるとあかんぼに戻るって言うだろ。そっから数えてこのナリだ」
「なるほど」
「お前は死んでもおっさんだな、ざまぁみろ」
「ふん、ひよっこがナマ言ってら。その計算ならおれはまだ三十路前だよ」
気付けばおれも、しわくちゃな手の甲が随分若返っていることに気付く。
なるほどあの世とはこういう仕組みか。感慨深い。
「いいから還れよマヌケ。あっさり死んでんじゃねえよ。90まであと1年じゃねえか」
「馬鹿言っちゃいけない、もう勘弁してくれ。天寿天寿」
「なぁにが天寿だ、風邪さえひかなきゃまだ」
「潤ちゃん」
憎まれ口に包んだ愛情は変わらない。
11年前に失って、二度と聞けないと思っていた親友の、最愛の人の言葉に
こうしてもう一度巡り合えるなんて思わなかった。
道ならぬ恋だ、すぐに煉獄に落ちると覚悟していたのに、どういう計らいだろう。
「おれはね、もう充分生きたよ。お前のいない世界で11年だ。
 もう砂を噛むような味気ない世は飽き飽きなんだ。
 帰れなんて、後生だから言わないでおくれ」
手を取る。手を取れる。暖かさなどないはずなのに、暖かかった。
「……何が後生だ。死んでんだよ、馬鹿」
「そうだった」
軽く笑うと、潤ちゃんもつられて笑った。
若いころから年をとっても変わらない、目元の笑い皺が無性に愛しかった。
「啓ちゃんには“ぱらいそ”に行ってほしかったんだけどなあ」
「言ったろ、お前のいない世界はもう飽き飽きなんだ」
つないだ手を引きよせて、抱きしめた。

ふれあえるなら、ここがどこだって、これから行くのがどこだってかまわない。