※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

右手×左手

元々器用な右手は、ちょっとした仕事なら一人でそつなくこなしてしまう。
それを横目に、つまらなさそうにぶらぶらしてる左手。
同じ形なのに、何でこんなに違うんだろう。
まれに器用なヤツもいるけれど、左手一族は大体こんな感じだ。
「やっぱ左手じゃ難しいんじゃない?」なんて言われちゃうと、
ちょっともうたまんない気分な左手。どうせ不器用ですよ俺は。

ところがある日、右手が全治一ヶ月の大怪我を負ってしまう。
一念発起した左手、そりゃあもう頑張った。
白い布でぐるぐる巻きにされた右手の分必死で働いた。
頼りになる相棒の不在を思うと泣きそうに心細かったけど、
苦手な作業も少しずつ出来るようになった。
箸だって使えるようになった。
元気になった右手に、早く見て欲しいと思った。

そして一ヵ月後。
久しぶりに包帯の中から姿を現した右手を左手がそっと撫でる。
傷ついた右手を労わるような、繊細な力加減。
以前とは見違えるほど立派な働きをするようになった左手を見て、
右手は少し複雑な思いを抱いた。面映いようで、何故か寂しい。
「これは、娘を嫁にやる父親の気分というやつだろうか…。」
などと明後日なことを考えながら、左手の箸使いをただ褒めてやった。