※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

視力のいい人×メガネフェチ

大学の一室で、男がひとり分厚いハードカバーを読んでいた。

ふと、風が吹いた。男はページをおさえた。伸びぎみの髪がわずかにおちる。
視界の邪魔で軽く頭を振ったら、横から手が伸びて彼の髪をかき上げた。
「ああ、来てたのかい」
本から顔を上げて微笑む。
そこには、このあいだの春に院へと進学した元ゼミ生が立っていた。
本に夢中になっていて気づかなかったが、風はこの学生が入ってきたときに起きたらしい。
「眼鏡をかけると、髪も少しおさえられますよ」
「そんなに必要ではないな。それよりは、そろそろ髪を切るよ」
君の髪型の好みを聞いておこうか、と講師は笑った。
自分が何を言ったところで、きっと以前と同じ髪型にするのだろう、と学生は思った。
髪型にこだわりはないが、しいて好みと言えば、悔しいことにその髪型が好みであった。
出会ったときと同じ髪型だ。それよりも、もっと好みなのは――
「絶対にメガネ似合うのに、なんでそんなに視力いいのかな、貴方は」
「姿勢や明かりには気を使ってるからね。それに伊達メガネは邪道だ、って前に言ってなかったけ」
「そうだけど・・・・・・貴方が俺のためにかけてくれるってなら・・・・・・」
「私にだけ例外を許してくれる、というのは嬉しいけど」
男はすっと立つと、不意打ちのようにキスをした。
「私もかけてしまうと、キスをするときぶつからないかい?それは嫌だな」
手が顔へと伸びて、眼鏡のアームをなぞる。そしてそのまま髪をなでた。
「これだけ目がよかったら、そのうちに老眼鏡をかけるようになるよ。それまで待てる?」