※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

美男と野獣

 夢を見た。
 綺麗な薔薇園の片隅に、醜い姿を恥じるかのように蹲って、今にも息絶えそうな獣の夢を。

「……!」
 地上に這い出る木の根に躓き、少年の体は転がった。
 野獣に贈られた綺麗な服を土が汚す。それでも立ち上がり、土を払う間も惜しんで、また駆ける。
「……どうか」
 どうか間に合ってくれ、と呼気を荒くし願う。
 彼と同じ姿が欲しい、と唇を噛んだ。
 そうしたらきっと、今よりもっと速く走れる。彼の重い体を助け起こすことだってできる。
 端麗なだけの見目は要らない、あの赤い目に映らないなら。
 街の娘達の歓声も要らない、ただずっとあの低く静かな声を聞いていたい。
「俺は馬鹿だ」
 七日も時を貰っていながら、どうして刻限までに戻れなかったのだろう。
 どんなに惜しんで引き止める声も、彼の死に行く姿に比べれば、胸を引き裂きはしないのに。
 どうして今になって、こんなにも彼を好いていたと気づくのだろう。
 もっと早く気づいていれば、あの城を出る前に、口付けの一つも出来た筈なのに。
 ――きっと、戻ってきておくれ。でなければ私は、悲しみで死んでしまうだろう。
 見目に比べてなんて繊細な事を言うのだと、あの時は笑って発った。それが今になって、自責は重く圧し掛かる。

 どうか間に合ってくれ。
 どうかまだ生きていてくれ。
 その角ごと、貴方の頭を抱きしめるから。
 その牙に触れて、口付けをするから。
 その毛並みを撫でて、何度だって愛してると言うから。