※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドライブ

濃い海老茶色の列車が走る地下鉄の駅の階段を上がりながら、連れが楽しげに声をかけてきた。
「本日の乙女座の幸運の鍵は『ドライブ』やって」
「あぁ、朝のテレビな…。山羊座は『いつも行く場所でも、違った道を通るのが吉』とか言うとったな」
「乙女座と山羊座の結果ってなんか似ることが多いんやなぁ。同じ研究室のオカルト娘もそんな事言ぅとおわ」
たわいもない話をしながら少し歩いて、100円の自販機・500mLのミネラルウォーターを2本。俺は片方を相手に手渡した。
「ふーん。あ、ありがとぉ。で、どないする?ドー、ラー、イブっ」
「どないしようもないやろ。俺はペーパーやし、お前は免許も車もないやろ。
 だいたいここ、俺らのお決まりのコースの日本橋やないか。こんなとこでレンタカーはもっと御免やからな」
そう、俺たちはどこからどう見てもヲタカップルってやつだ(男同士でもそう言うのかはおいといて)。
同じ大学・同い年、学部は違うが。
一回生の時にこいつが家に泊まりにきたときに、なし崩しに一線ってのを超えてしまってから、ずるずる二年近く今に至る。
ヲタのご多分にもれず俺も『三次は惨事』、ってのが持論だったんだがなぁ。
まぁ俺は、キモい…とはいかないまでもチビで冴えない外見だが、奴は今では死語になった…アキカジ…?まがいの
酷い服でさえも、逆に足の長さや目鼻立ちの良さが目立つ、という違いはあるけれども。
こいつが俺と二重の意味で同類で、おまけに俺を相手にしてるってことが…時々世の中、わからんもんだ。

駅から俺の目的地のソフト館までの道、携帯屋の並ぶいつもの大通りを避けて、細道を歩く。
「あ!」
何かを見つけた、と言った風情で、奴は。
「俺、今日の幸運の鍵、見つけたわ」
でかい体や長い手足を気にもせず、とてとてっと転びそうになりながら店頭の看板に駆けていく。
…萌えどころなのかもしれんが、これは周りの人の迷惑になるから是非止めてほしい行為だ。
「…なんやそれ」
「DVD『ドライブ』。ノートの外付けのん、書き込みできるのにしたかったんやけど…これは底値2000円以上割っとぉ!
 外箱に傷言うても、現行モデルの新品やし!」
俺は無言で、ギャグセンス皆無なこいつを、エターナルフォースブリザード(…これも死語か)全開な目で睨んだのだが。
「こっちの外付けHDD『ドライブ』も、いくら型落ちでも320GBでこの値段はありえへん。なー、買うてーなー」
ちまい俺の見た目では、効果がない。もともとそれが効くような奴でもないが。
「ハァ?ア ホ か!」
「どっちかでもええから。今金欠でなぁ。片方はPitapaの枠で落とせるけど、両方は無理やねんやんかー」
背後から奴が、俺の胴体に両腕を回して耳元に口をよせた。
「買うてくれたら、いつもよりサービスするし」
「…はいはい。『吉』、になるくらいなぁ」
こいつの学部は理系で家も遠い上、家も少しカツカツで小遣いも少ないから、どうしても手元不如意な時はあって。
そしてうちのじーさんばーさんの方針が駄々甘で、俺が小遣いにほぼ不自由しないのをこいつは知ってて、
ほんの時々こういう事があるのだ。
(ま、こんくらいならタカられてもええか。可愛いし、気持ちええし)
「あーあー、そういえば今日の山羊座は『浪費には注意』、て言うとったなぁ」
「浪費やないよ」
高い上背をかがめて、俺に上目遣いで目線をやりながら、奴は。
「この後の俺のサービスの方が、よっぽど得や」
(この年で円光親父の気持ちが解ってどないするんやろ、俺…)
俺は心の中でこっそり溜息をつきながら、財布を開きDVD±RW-RAMドライブの方をレジに持っていった。

二人とも目当ての買い物を済ませて、帰途につくべく、俺たちは先ほどとは違う駅…こんどは赤の列車が走る地下鉄駅への
階段を降りる。
「…とは、無駄金なんか使わせんでも、俺は…」
「どうした?疲れたんか?」
いくら目当ての物を買えたといっても歩き疲れなのか、奴が小声で何か言った。俺は聞き取れなかった部分を聞き返す。
「目ぇ一杯サービスせんならんから、体力を温存しとぉだけや」
あいまいに笑い返してきた。こいつは時々こんな顔をする。


 ヘタレ低身長ボンボン攻×ベタ惚れ長身受。