※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無職者と新幹線で飛び回る有職者

「あへ……お前でかけんの…?」
朝早くからバタバタと用意をしている恋人に、布団の中から男が声をかけた。
「昨日言っただろうがー。今日から出張!帰るの明々後日な」
「あれま……気ぃつけろやー」
寝癖がついた髪をぼりぼり掻きながら、パジャマのままで玄関まで出迎える。
この男にゃ急ぐ必要は無い。どうせ仕事も何もあったもんじゃないのだから。
「俺が留守ン間の戸締りとか頼むぞ。俺が居ないからってご飯は適当にするなよ?後それから…」
「おーい、時間いいのかぁ?」
「うぎゃああ!やべぇ!んじゃ行って来ますッ」
「あ、ちょっと」
「え?何?マジで俺、新幹線の時間やば……」
きっちり着込んだスーツな姿の相手の、ネクタイをグイっと引っ張る。
ちゅっと軽く口付けてから、男はやんわりと笑んだ。
「行ってらっしゃい。毎回言ってるけど土産はいらねぇからな?お前が無事に帰ってくりゃそれでいーんだから」
「……ハイ。行ってきます」
少しばかり赤くなりながら、スーツ姿の男は扉を開けて出て行った。

だが結局彼は出張先で土産を買ってしまうのだ。
帰ってきたらいつも風呂を沸かしていてくれて、ご飯もたっぷり作ってくれている。
そんなあいつと、この特産物を一緒に食いたい。

そんなことを、考えてしまうから。