※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ずっと敵同士だったのに、急に仲良くしなければならなくなりました。

「いいかテメー。仲良くしてやってもいいが、この線からこっちに入ってくるんじゃねェぞ」
「うえうせぇ。テメェのクセェケツ、こっちに向けんじゃねぇぞ」
「…テメー、このやろう、上等じゃねェか」
「ア?その線からこっちに入ってくんじゃねェっての、テメェこそ」
「…いいか、坊主。ここでは俺が先輩だろうが」
「俺は坊主なんて名前じゃねェな。まァ、俺のテツという名前を呼ぶのは愛しい貴之だけでいいが」
「ふざっけんじゃねェよ!貴之が愛してんのはこのジョン様だけだ!」
「ハ、ジョンってツラかよテメェ。純日本産じゃねェか」
「うるせぇえ!表に出ろ!!」



「おとなりのみっちゃんがひっこす先では犬がかえないので、シベリアンハスキーのテツは、ぼくの家族の一員になりました。
でも、うちにずっといるしば犬のジョンは、なかよくするつもりはないみたいです」
貴之は書き上げた日記を読み返して、はぁーっとためいきを吐きながらランドセルに日記帳をしまった。

今日も、窓の外では二匹の犬が吠え合っている。