※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

梅は咲いたが桜はまだかいな

男は孤独な人間を思い通りにする手管に自信があった。
孤独について誰よりも多くを知り尽くしている、そう思っていたからだ。
だから、もちろんその身寄りのない資産家の跡取りの青年にも、
莫大な金をいずれ必ず自分のものにする、そのつもりで近づいていた。
出会ったのは初夏。
閉め切った屋敷中の窓にかかる重々しいビロードのカーテンを、新しい絹のカーテンに変えて回った。
夏の日差しの下、全力で伸びる草木と死闘を繰り広げながら、荒れ放題の庭を手入れした。
整えた庭園に青年を引っぱり出しては、明るい光を浴びた瑞々しい芝の上に優しく寝転ばせて、
世界で一番君が愛おしい。そう語る眼差しで、青年の顔を覗き込んだ。
その夏、青年は男に「ありがとう」と告げた。
秋に男は青年を連れ回すために、車を用立てた。
男はこれまでの人生の中で自分が一番信頼する車種を選んだ。それは、いわゆる高級車ではなかった。
青年が人恋しさを覚えるように、なるべくさびれた地方を、ゆっくりと旅行して回った。
旅から帰ったあと、青年は男に「ありがとう」と告げた。
「あなたに、あと、この車にも」
男は、青年が少しだけ笑う顔を見た。
その冬は風の強い日が多く、日もあまりさすことがなかった。
冬の間、男は芝居や夜の音楽会に青年を連れて行く予定をたてていたが、
青年はあまり屋敷から出たがらなかった。こころなしか、食事の量も減った。
男が叱るような口調で、しかしあくまで甘く、不健康な生活をたしなめると、
青年は困ったような顔で口ごもり、そして「ありがとう…本当に」とだけ男に告げた。

「梅が、そろそろ咲いているかな。」
ある朝、青年からそう声をかけられて、男は驚いた。
これまで青年から自分に話しかけてくることが、一度もなかったからだ。
男はちょっと待って、と言うと屋敷を飛び出し、二十分後に庭先でクラクションを鳴らした。
「咲いていた。見に行こう。」

小さな商店街のはずれの川べりに、梅の木が白い花をつけていた。
男は、車を止めると、梅の花を見ている青年の後ろ頭を見つめた。
「おりる?」
そう声をかけると、青年が男を振り返ったので、二人は目が合った。
「ありがとう。」
青年からその言葉を聞いたのは、何度目だっただろうか。
「あなたに、お礼をしようと決めていたんです。…梅の花が咲いたら。」
小さな梅の木を愛でながら、青年がそう言った。
男はその言葉に微笑んで、青年の肩を抱き寄せると、顔を近づけて低く呟いた。
「本当?それじゃあ…」
「土地と株と現金は、すぐにお譲りできる手続きが済んでいるんです。」
男は手を止めた。青年の口調はいつもの控えめな、ためらうような話し方だった。
「もし、あなたがとある企業の役員職に一年間就いてくだされば、いずれ系列会社の利権のほうも」
渡す段取りが整ったと、青年は、何故かどこか申し訳無さそうに告げた。
なんだ。目的が果たされたのか。思っていたよりほんの少し早く。
「今まで、ありがとう。」
青年はそう言って男から目をそらしたが、男は青年から目をそらさなかった。

「今更そんなことを言うなら、咲いた花をつぼみに戻して返してくれ。」
「…え?」
「俺はね、孤独な人間を意のままにするのは得意だが、孤独じゃない人間の扱いにはてんで不慣れなんだ。
どおりで思い通りにならないはずだよ、君も…俺自身も。」
男は事情が飲み込めない青年を素早く一度抱きしめると、そのまま車に押し込んだ。
桜はまだだけど、冬はもう終わろうとしていた。