※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

嫌いが好きに変わる

「先輩、確認したい事があるんですがいいですか。」
「なんだよ」
「先輩はハーブティー大っ嫌いでしたよね。匂いをかぐのもまっぴらごめんとか。」
「…そうだけど?」
「はい。じゃ、これを…」
「ぐあっ…!!やめっ…それペパーミントティー…!」
「えいっ!」
「うぶっ!!…な、なんだよ今の?!何飲ませた、今っ!」
「先輩!どうですか、ペパーミントティー!ほらほら!」
「うわっやめ…!…て、あれ?なんか良い香りだな…好きかも。」
「よっしゃぁぁぁぁ!!」
解説しよう!
この研究所に移動してきた二年前から、俺は先輩に人目惚れ片想い一直線だが
何故か先輩からはことごとく嫌われ続けてきた!
だが、俺の募るばかりの先輩への想いが、ついに奇跡をもたらした!
「それがこれ!新薬『嫌いが好きになる瞬間』だ!一粒で一つ、嫌いなものが好きになる効果があるぜ!」
「アホかあ!!つーかそんな怪しげなもん人の口にねじ込んだのかお前は!」
「その点は大丈夫、先輩。この一週間、俺の体でめちゃめちゃ人体実験済みですから。
おかげで三食生でほうれん草食うようになって、タバコも一日一箱は吸うし、
携帯の待ち受けは細○数子だし、大型犬を見ると所かまわず抱きしめたくなるし」
「良いことないじゃねーか、ほうれん草はともかく。あーペパーミントティーうっまい…。」
「で、先輩!先輩は俺のこと、嫌いなんですよね?」
「……あのなぁ。」
「言ってましたよね。嫌いですよね、嫌いって言いましたよね!?」
「お、だっ…馬鹿、何を…」
パシぃっ!
「いっってーな、おい!何すんだよ!」
「大っ嫌いなんですよね!?さぁ、これを飲んで下さい!」
「ふざけるな!んなもん飲ませたら、ほんとに嫌いになるからな!!」