※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

orz<憎しみで人が殺せたら

「は~い、次の方どうぞ~」
『憎しみで人が殺せたら』
「え!何!今の何!?」
「屁だ」
「へぇ?あ!先輩久しぶりです!
 あれ?次の患者さんって先輩?じゃあさっきのも先輩が言ったの?」
「落ち着け後輩。さっきのは俺の屁の音だ。」
「屁?おなら?」
「そうだ。数日前からおかしいんだ。だから恥を忍んで黄門科を受診しに来た。」
「はぁ…。先輩のお尻は、なんでまたあんな恐ろしい文句を吐くようになったんすか…」
「さっぱりわからん。だが屁を出す度に周囲の者が怯えてしまって困っている。
そこで思い出したのがお前のことだ。
お前は老若男女問わず、とにかく肛門を見、触ることに並々ならぬ情熱を傾けていたな、と。」
「仕事だから!代々続いた家業だから!
肛門マニアのど変態みたいな思い出し方やめて!」
「さあ後輩!肛門を見、そして触るがいい!」
「も~…(先輩に違うシチュエーションでソレ言われたんなら嬉しいのに)
じゃあズボンとパンツ脱いで、そこの診察台に四つん這いになって下さいね~」
「こうか?」
「おお、先輩お尻キレイっすね」
「何を言っている。尻など他人とそんなに変わらんだろ」
「いやいや、吹き出物もないし肌滑らかだしキレイっすよ。
見た感じ、形に異常はありませんね。少し内診しますよ~。」
「っ!」
「ん~、触れる範囲にも異常ないですね。
…先輩、今すぐおなら出せますか?」
「あー、頑張ればいけると思う…何故だ?」
「音が出るときに肛門がどういう動きをしてるか見たいんですよ。」
「なるほど、放屁シーンが見たい、と」
「先輩やめて!オレを変態にしたてるのやめて!」
「わかった。頑張ってみる。…ところで指を抜いてくれないか?」
「わー先輩のなか暖かいナリー」
「…あまりにも慣れない感覚すぎて、けっこう気持ち悪いんだが」
「そのうち慣れますヨ~」
「…後輩…さて、ここで問題です。高校時代の俺の部活はなんだったでしょう?
ヒント:グローブ・サンドバッグ」
「今すぐやめます調子こきました申し訳ありません」
「俺とお前が出会った部活だもんな、サービス問題すぎたかな?」
「ホントすみません。でも懐かしいっすね、あの頃…
……先輩…こんなところでこんな状態で言うのもどうかと思うんですけど…
オレ!初めて会った時から先輩のことが好…っ!」
『憎しみで人が殺せたら』
「怖いよ先輩!!!」