※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

やらずの雨

ふたりで飲むのがよかった。
金はないからもっぱらお互いの家で、買ってきた総菜と菓子、発泡酒、焼酎。
つけっぱなしのテレビをBGMに、ダラダラ過ごす。
学科もバイトも出身県も同じで気が合う奴。
そんな相手に会えたことだけでも、この大学に来た甲斐があったというものだ。
あっちも同じように思っている。確信とかでなく、ごく当たり前のこととしてわかる。
ぶっちゃけ、こいつがいれば他には誰もいらない。そういう相手。

でもちょっと仲良くなりすぎたかもしれない。
「結構もててるみたいよ、おまえ」
そんな台詞で同じ講義のナントカちゃんの話なんかされても困る。なぜか困る。
それなのに妙にしつこく絡まれて、嬉しいか、なんて言われて、たまらずウゼェ、と呟いたのを聞きとがめられた。
「何、それ。なんで怒るわけ」
初めて暗い感じの喧嘩になった。
仲良くなりすぎた。女の子よりお前がいい、と思ってしまった。
お前が怒ってることに泣きそうだなんて、仲良し過ぎるだろ、俺。
黙った俺を尻目に荷物を手に出て行ってしまうのに、金縛りのまま見送るしかできない。
待って。待って。頼むから。なんだか俺変だけど、お願いだから待って。
そんな俺の心の大声は、もちろんお前には聞こえなくて、お前はあっさりドアを開けた。
「あ、雨」
いつからか外は、梅雨らしい気まぐれな土砂降りだ。

行かないで、とは言えないけど、俺の気持ちわかってくれそうな婉曲な言い方を思いついた。
口の中が粘つくが、かろうじて声を出す。
「──こういうの、遣らずの雨っていうの、知ってる?」
「えっ?」
振り返ったお前はひどく驚いた顔だ。そのままあっさりと引き返してきた。
通じるんだ、帰らないでほしい、って。よかった、俺とお前の仲だもんな。
ごめん、なんか変なことになって。飲み直そうか。コンビニ行って酒追加してもいいし。
そんな言葉を続けようとしたが、なぜか正面切って肩に手をかけられる。
怖い顔でにらみつけられる。逃げられなくてなんかやばいけど。けど。
どうして近づいてくるの、お前の顔が。
キスされた。

何がどうしてこうなったのかよくわからないんだけど、俺たちは仲直りして布団の中。
じゃなくて!
だから仲良し過ぎる、ってか一線越えてるでしょ!? 何で?
「え? だってお前、ヤらずに帰るのか、って俺を誘ったじゃん」
「……ちげーよッ!! お前それでも国文かよッ!!」