※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

役者と裏方

本番初日の前夜だった。
劇場から出て駅までぞろぞろと歩く中で、偶然吉井さんと歩調が合い、どちらからともなく「お疲れ様です」の決まり文句とともに会話を始めていた。
吉井さんは他の劇団から参加している役者の一人で、おそらく年上のはずだったが、礼儀正しい人らしく丁寧な言葉遣いで話してくれた。
今回の舞台もかっこいいですね、と褒められたことにどぎまぎしてしまって、思わず「いや、実はまだ二度目で」と縮こまった。
彼はこの劇団の過去の舞台を思い起こしているのだろうが、おそらくそれは別のベテランが担当したときの公演だろう。
ところが吉井さんは目を丸くしてこんなことを言った。
「じゃああれが初めてだったんですか」
驚いたのはこちらの方だった。あれを観に来ていて、しかもそのときの舞台美術担当の名前まで記憶しているとは。
「あの舞台、すごいなと思って。シンプルなのに幻想的で。ラストの仕掛けとか」
あれを覚えていたから今回ここのオーディションを受けたけど、まさか本当に深見さんが担当になるなんてね、と彼は嬉しそうに笑った。
言うなら今だと思ったので、半分固まりかけている口を何とか開いて動かした。
「俺も吉井さんのこと知ってました。去年の夏の、喫茶店のウェイター役見てて」
吉井さんは照れたように唇を噛んで足元に視線を落とした。
「よく覚えてますね、僕全然特徴ないのに」
確かに彼はこれといって特徴のない役者だ。華やかなルックスでもなく、感情が突き刺さるような演技でもなく、印象に残る声質でもない。
でもそんなことは些細なことだった。
「吉井さんの演技は、自分が前に出ようとかいう欲がなくて、すごく自然な気持ちで見れました」
まるで自分以外の役者を、脚本自体を、ひいては舞台や照明といったスタッフワークさえも引き立てようとしているみたいで。
「……」
「あ、すみません、分かったようなこと言って……」
あまりに無遠慮な物言いだったとすぐさま反省したが、吉井さんは目を細めて「ありがとう」と言ってくれた。
「深見さんの舞台、大事に立ちますね」
「はい」
横断歩道の向こう側に駅の南口が見えた。
もし、今度一緒にどこか観劇にいきませんかと言ったら、来てくれるだろうか。
千秋楽を迎えるまでにもう少し仲良くなっておきたいなと、柄にもなく子供じみたことを思った。