※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鼻歌

風の強い高台の広場に、彼は立っていた。
足下には、薄っぺらいメタルプレート。
彼はその上にそっと花束を置く。
「……あなたって、本当にどうしようもない人ですね」
答える声はない。
「知ってますか?なにも残ってないんです。僕らの手元には」
語尾が震えた。風の音だけが辺りに響く。
「どうやって信じろって言うんですか!?あなたにもう二度と会えないなんて……っ」
笑顔で戦地へと立った男の顔を、彼が再び見ることはなかった。
彼の元へ届いたのは、男が永遠に還らないことを告げる一枚の紙切れ。
この場所に葬られたものは何もない。
ここには、同じようなプレートが見渡す限りに並んでいる。
「あんまり遅いと、あなたのこと、忘れちゃいますよ?」
笑おうとして上手くいかなかった。男の記憶が薄れつつあるのは事実だから。
「…あなたが教えてくれた歌の歌詞が思い出せないんです」
いつか男が教えてくれた、古い異国の歌。愛の歌だと男は言っていた。
彼は鼻歌でメロディをなぞる。
「僕は何も忘れたくない……だから、早く帰ってきてくださいね」
そして、僕にもう一度歌詞を教えてください。
涙混じりの鼻歌で辿る旋律は、風に紛れていつまでも続いていていた。