※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バカ二人

「あのな、恋人へのして欲しい服装のお願いで、ダボダボTシャツとか上だけ
パジャマとか裸エプロンとか百歩譲ってネコミミミニスカニーソとかなら
まだ理解できるんだ」
「うん。っていうかお前の趣味嗜好も結構マニアックだよな」
「お前、男のロマンを舐めんなよ!まあとりあえずそういう一般的なものを全て
すっ飛ばして、何でいきなり『マワシをつけろ』なんだよ」
「…着物ってさ」
「あ?」
「あれ実は帯は腰周りを二周位しかしてないんだってな」
「ん?ああ、そういやそうだよな」
「それだと俺の夢の『よいではないかよいではないか』『あ~れ~お代官様~』が
出来ない事に気が付いた!」
「そんな夢は捨ててしまえ!」
「しかしマワシならばあの厚さから見て回すのに申し分ないはずだ!という訳でさあ早速…
って何検索してるんだ?」
「マワシの締め方締め方…お、あったあった。おいココ見てみろ」
「ん?…!そんな…!!」
「足して二周、良くて三周だけ、だな。生地が厚いからこんなこったろうと思ったよ」
「…」
「よく考えたら股をくぐらせたり相撲をとっても外れないようにマワシを固定したり
しなけりゃいけないからどんなにマワシの生地が長くても限度があるよな。まあそう
落ち込まないで」
「…マワシを締めてあげるプレイでもいいかも…」
「帰れ」