※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

B面タイプ×A面タイプ

彼との間で何度も繰り返された議論(否、単なる口論)を今夜も蒸し返してしまった。

「あんな弱いチームのファンなのは、お前の単なるマイナー趣味をひけらかすためだろう?
 大体、弱いチームのファンって何が楽しいわけ? お前マゾなのか? 
 ああ、俺に対してサド気味だから、釣り合いを取っているってわけだな」

 それを聞いた彼は、俺の顎を掴むとおっとりと微笑んで、額に優しく口付ける。
「僕はあのチームが好きなだけだよ。ユニフォームも素敵だし。
 君のご贔屓のチームのように強くはないけれど、応援したくなる」

「…ひねくれもの…この、B面趣味野郎が」
その表現を聞いた彼が軽く首を振る。
「なら君はA面趣味って訳だ。
 それで…?僕がひねくれているって?
 ああ、実際、この不自然な関係は好きだけれどね」
今度は唇にキスされ、その後喉から胸にその唇が移動していく。
一つ一つゆっくりと、ボタンが外されていく。

 俺は目を閉じ、彼の唇や指先が触れ易いように身体を開いていく。
 自分もひねくれものだ。強くありたいと、あのチームのように、男性的なメインロードを
歩きたいと思っているのに、彼に対しては何をされてもいいと思う、いっそなにかひどいことを
されたいと思い、誘導してしまう。
 お願いだ、これからもこんな風にひねくれていてくれ……俺を愉しませ、いたぶることに飽きないでいてくれ。