※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

10-309
あなたを置いていくけれど。

拝啓 K様

いきなり手紙だなんて、びっくりしたことと思います。
数日前から、俺の体調はすごく悪く、もしかしたらやばいかな、と
思って、これを書いています。
今、あなたがこれを読んでいるということは、万一のことが俺に起こった
ということです。とりあえず、謝っておきます。ごめんなさい。

思えば、俺の人生で一番長い時間を一緒に過ごしたのは、あなたでした。
俺の青春の思い出には、悲しいことに、全てあなたが隣にいます。
あなたのおかげで、俺は灰色の青春時代を過ごしました。
あなたは、俺が欲しくて欲しくてたまらないものを、軽々と手に入れて、
平気でドブに捨てるような人でした。
俺が大事に思ってるものを、靴底で踏みにじって、笑っているような人でした。
どれだけ腹を立て、どれだけ嫉妬したか、分かりません。
ただ、あなたは俺自身を踏みにじることだけは、しなかった。それどころか、
俺だけには優しかった。
だからこそ、俺はあなたに変な情けをかけてしまって、離れられなかったの
かもしれません。

「俺はお前に興味がある。だから、俺とつきあえ」
あなたの告白の言葉は、今でも覚えています。
多分、誰が聞いても告白には聞こえないでしょう。
俺も最初、意味が分かりませんでした。
それが、あなたの最上級の愛の言葉だと理解できたのは、後になってからです。

今だから言えますが、あなたとつきあった理由は、「学年一モテる男が、俺なんか
とつきあうと言いだしたのが面白かったから」でした。100%好奇心でした。
返事をしてからの10年間。あなたと一緒にいた年月は、何度後悔に
襲われたか、分かりません。別れなかった理由は、別れようとしてゴタゴタ
するのが面倒くさかったからです。
だから、あなたから別れ話をされた時は、嬉しくてしょうがありませんでした。
泣きまねをしながら、やっと別れられると、心の中では万歳三唱をしたものです。
最後の日に、「いつか、また一緒になろう」なんていう気持ち悪い別れの言葉を
口にするあなたを、泣きながら殴った理由、今なら分かってくれると思います。

長々と書いてすみません。本題を書きます。
あなたに手紙を書いたのは、他でもない。
もし俺が本当に死んだとき、あなたに泣かれるのだけは嫌だと思ったからです。

どうか、俺のことはさっさと忘れてください。
俺も、あなたのことを忘れて、さっさと成仏して生まれ変わります。
草葉の陰からあなたを見守ることも、風になって近くにいることも、しません。
俺は生きたいように生きました。
俺は、あなたとまた一緒になる気はありませんでした。
だから、あの時別れたことを後悔だけはしないでください。
俺は、あなたを置いていくけれど。
どうか、そのことを受け入れてください。
今までどおり、あなたはあなたらしく生きてください。

最後の手紙がこんなのでごめん。
でも、どうか、くれぐれもよろしくお願いいたします。

敬具。