※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

二人暮し

「おーい」

カンカン、という金属音。
控えめなそれに、明良は唸りながら顔を上げた。
視界に入った、見慣れた相棒の顔が一瞬だけ笑う。

「起きろよ。朝飯、できてる」

そう言うと、フライパンとフライ返しを手にした薫は、すぐに踵を返し寝室から出ていってしまった。
慌ててベッドから跳ね起き、その背中を追う。
広くはない部屋の、すぐ隣のダイニングテーブルには前日明良がリクエストした朝食のメニューが並んでいた。

「フワフワオムレツ!」
「食べたいって言ってただろ」
「うん」

自分と明良の分のコーヒーを淹れてから、薫は席につく。
向かいで明良が楽しそうに『いただきます』の挨拶をするのを確認してから、彼はカップに口を付けた。

ふんわりと盛り上がったオムレツに明良がナイフを入れると、中はとろりとした半熟。
ふと、視線を感じて顔を上げると、ほんの少し頬を染めて顔を逸らす薫の横顔が目に入った。
その理由を察して、苦笑しつつ目の前のオムレツを口に運ぶ。

「ん、うまい」

彼の一言で、薫の表情が明るくなる。
その事実に今度は明良が嬉しくなった。

「ありがとう」
「い、いいんだよ、別に。俺が作りたくて作ったんだから」

嬉しそうな笑みを噛み殺しながら、薫は忙しなくトーストを食べ始める。

今日は休日。
朝食が終わったら、素直じゃない恋人と一日の予定を立てよう。

そんなことを考えながら、明良は二口目のオムレツを口に入れた。