※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

嵐の大麻くん

天地万物に意思は宿るという。
遥か南の海の彼方、いつ生まれたとも分からぬ彼も、先代からの記憶を確かに受け継いでいた。
片目に思い描くは北を統べる一族。彼の勢力を弱め、やがては滅びへと追い込む因縁の存在である。
暖かな海の懐に抱かれ成長した彼も、やがて極寒の地へと向かい、ひとり、旅立つのであった。
それはもう、本能とでも言うべきものなのかもしれなかった。

吹き荒れながら彼は考える。経験なき記憶の中に浮かぶ奴の姿を。それに抗う己の姿を。
奴に力を吸われ、今の姿を保てなくなった同志の姿を。
彼はなおも考える。何故に我は奴へと進むのか。
何か強く導かれる心がある。それは果たして何なのか。
本能のままに突き進むのみであった彼に、初めて思考というものが生まれた瞬間であった。
しかし幼き彼は、まだその心を理解する言葉を持たなかった。


811 :2/2:2009/03/24(火) 22:49:23 ID:tXtJyYirO
暖かな海は彼に力を与えた。大陸からの風が、彼を大きく逞しくさせた。
その風が運ぶものは力だけではない。彼を恐れ、憎み、時には崇める者共の思念も飛んできた。
喜び、怒り、悲しみ、快楽。それらの雑多な情念を吸収しながら、彼は進む。
彼は思う。
どうしてなのか。我が力を増すにつれ、奴への心はよく分からなくなる。
憎しみ。それは同志を消されるが故に。
悲しみ。それは我らが相容れないが故に。
高揚。それは因縁の相手とぶつかるが故に。
切なさ。それは…何故に?
奴を思う度に渦巻く複雑な感情は、常に彼を惑わせ、混乱させた。
その度に風は吹き荒れ、雨は激しく地表に打ち付け、まるで彼の心を表すかのようであった。


数日後、彼もまた冷気団に出会い、彼としての力を失うことになる。
その時までに彼が己の本心を悟ることができたのかは、残念ながら知る術がない。
しかし、奴と出会って穏やかになりゆく彼の姿を見るに、
何か変化があったのではないかと思わずにはいられない。

余談だが、彼の進路上の麻畑が大きな被害を受け、至る所に麻が降るという現象が起き、
彼は「ハリケーン・マリファナ(嵐の大麻)」と呼ばれるようになった。
もちろん、彼は知る由もない。