※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真夏の夜の夢

ふたりの少年がいた。
夜の寺社だった。
真夏の夜のことだった。



ふたりの少年と青年がいた。
夜の寺社だった。
遠くで祭囃子が聞こえる。

「10年ぶりだっけ?おまえ今いくつになったんだ?」
「25だよ。同い年なんだから、わかるだろ」
「いやぁ、あんまりおっさんになっちゃってるからつい、確認のために」
「25はまだおっさんじゃねぇよ。……おまえは、変わらないな。あのときのままだ」
「あたりまえだろ。永遠の15歳だ」

ふいに祭囃子が途絶えた。
たのしい、たのしい祭の時間はもうおしまい。

「……んじゃ、そろそろ行くわ。元気でな」
「なぁ」

祭の時間はもうおしまい。
さあさみなさん帰りましょう。
あるべき場所に、帰りましょう。

「最後にひとつだけ。思い出、くれよ」

そう言った青年の目からあつい水が落ちる前に、ふわりと重ねた唇は。
そよ、と吹いた風と共にあわく消えてなくなった。


ひとりの青年がいた。
夜の寺社だった。

真夏の夜の夢だった。