※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

思ってたのと違う

俺はさ、全部隠し通すかいっそ全部ぶっ壊すかのどっちかしかないと思ってたんだ。
つうかおかしいだろ、なんで俺あんたの事好きになってんの。
そりゃ好きだったよ優しい兄貴分とかいい友達とか初めは確かにそうだった。普通そんなもんじゃないか。
世話好きなんだけどちょっとズレてて、でもそれがどうにも俺への好意120%で出来てるものだから
俺はいつもぼそぼそとありがとうって呟くだけでそれに昭兄はくしゃくしゃの笑顔で笑うんだ。

ねえもう我慢できないよと夢の中の俺が俺に囁く。
初めは囁いていたけどしまいにはいい加減にしろ早く白黒つけやがれこの馬鹿!と叫ぶくらいになってきて
いよいよ俺は不眠症になりかけ、元々明るくもない性格が益々塞ぎこむようになってしまった所に昭兄登場だ。
どーしたんだよ、和志、なんていかにも年上の優しさでもって俺の目の前でふんわり笑う。
……この人ふんわりとかそういうの似合うな。出身京都だからかな。あれははんなりか。ってそんな事どうでもいい。
別にどうもしないよ、と俺はいつもどおりに答える。

俺のこのもやもやは上手い事言えなかった。
いや本当は、たった二文字で足りるんだけどそれこそこれは言っちゃいけないだろうと思ったんだけど。
昭兄がそっかあ、ときっと理由なんて欠片すらわからないんだろうけど
それはそれとしてただ俺を包み込むように優しく頭を撫でてくるので、
俺はもう最近すっかりおかしくなりそうだった神経が昂ぶりに昂ぶってしまって思わず呟いていた。
自制が出来ないなんて人間として終わってる。アウトオブコントロール。もう終わりだ。

―――好きだよ。昭兄の事。

その言葉の意味が、友人や兄に対するあれこれでない事を察する事が出来ないほど昭兄はきっと鈍感じゃなくて、
俺はいっそ気付かないでくれと祈りながら昭兄を見る事も出来なくて、
俺の頭を撫でていた手がゆっくりと降りていくのだけ見てああ俺はもう終わった、
でもこうやって粉々に終わるんならまた新しく始められるなあ、なんて事を考えていた。
さあ覚悟はできてるんだ。一つ何かを動かした爽快感やら充実感みたいのだって湧いてきてんだぜ今。
だから早く、昭兄。何か言ってよ。……お願いだから。
気持ち悪いとかそれだけでもいいからさ。

そのどれでもなかった。
降ろされたと思った手は不意に俺の両頬を掴んでぐいっと上向かせる。
何すんだよ、見られたくないこんな顔。馬鹿昭兄。

―――俺も、和志が、好きだよ。
その目は兄貴の目じゃなかったし、友達の目でもなかった。
だからと言って俺みたいに鬱々と曇っていっそぎらついている訳でもなかった。
どうしてそんな事言うんだ。だからそんな顔すんな、なんて。
これが慰める為だけだったら何て酷い男だよあんたって言うところだけど
生憎俺は昭兄がさすがにそこまでKYじゃない事を知っているので、ますます困った。

これは悪夢?そうじゃなきゃ、なんて酷い現実。
こんな事になるなんて想像もした事がなかった俺は、酷い嵐に巻き込まれて息も絶え絶えで
ただもう顔を見られたくないばっかりに昭兄に思い切り抱きついた。
昭兄がよしよし、って俺の後頭部を撫でる。
俺これからこの人の事なんて呼べばいいのかなあ。
潤む目をどうにかしたくて、俺は一生懸命どうでもいい事を考えながら昭兄の背中にしがみつく。
ああいっそ、もうこのまま昭兄の中にずぶずぶと入り込んでしまえたらいいのに。