※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出来の悪い兄貴

やはり弟×兄かな。
ほのぼのとした日常が良い。

二人は本当の兄弟でも良し。
親の再婚相手の連れ子でも良し。
成績も運動も身長も弟>兄で、弟は完璧主義の高1、兄はバカでドジな高3。
兄弟の高校は別。
弟は勉強も運動も出来て成績は良いんだけど、冷たくてポーカーフェイスなので、学校では独りぼっち。
本人は独りでも良いと思ってるんだけど、まだまだ子供故、胸中では寂しさを感じている。

兄は学校に友達はたくさん居るんだけど、友達がそれぞれの進路に向かおうとする中、出来の悪い自分がどこへ向かうべきか分からずに、一人二の足を踏んでいて、出遅れてしまったことからの疎外感と劣等感に押しつぶされそう。

そんな2人が安らげる唯一の場所が家で、そこでは
「本当に兄貴はバカだな。
こんな成績じゃ大学行けないぞ。」
「だって授業の内容分かんないだもん。」
というやり取りがされているが、二人ともお互いとのコミュニケーションを、内心快く思っている。

学校ではそれぞれが寂しい思いをしているが、帰宅すればそんなことは忘れてしまうほどの、穏やかな時間を過ごしている。

考えなくちゃいけないことも沢山あるけど、今はこのままで良い。

「「このくらいで
  たぶんちょうどいいよね」」