※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ちいさな祈り

テニスコートの周りには、普段からは考えられないくらいのギャラリーがいた。
黄色い声を送る人も、写真を取る人も、何かを細かくメモする人もいた。
男性も、女性も、大人も、子どももいた。
しかし、その人たちの全ての目は、コートの中の2人に注がれていた。
その内の1人、前原祐二は私の息子だ。
流れる汗もそのままでコートの中を走り、懸命にボールを追いかけている。
一進一退の攻防が続き、どちらが勝っても負けてもおかしくない状況にある。
パコーンパコーンとラリーの音が続く。
この1セットを取れば祐二の勝ちだ。
神様お願いします。どうか祐二を勝たせてやってください。
そして、全国大会へ行かせてやってください。
私は懸命に神に祈った。
それは、本当に小さな祈りだったのかもしれない。
しかし、これほどまでに何かを真剣に祈った事は無かった。
神様…神様…
息苦しそうにコートの中を駆け回る息子を私は見てはいられなかった。
辛かったらいつでも辞めても良いんだぞ。
私の夢なんか気にすることは無い。
そう言いたかったが、必死に走ってボールを打ち返す祐二には言えなかった。


「私は昔テニスをしていて、全国大会まで後一歩の所で負けてしまったんだよ。」
そんな事を話したあの日、祐二は私にはっきりと言った。
「お父さんの夢は僕が叶える!」
自分の夢を息子に押し付けてしまったと気付き、罪悪感に苛まれた。
だが、そんな息子の言葉が嬉しかった。
パコーンパコーンという音はまだ続いている。
ただうつむきひたすらに祈るしかなかった。
神様…神様…
一際大きな歓声が上がり、試合が終ったらしい。
ハッと顔を上げると祐二は息を切らせながら笑っていた。
そして、私に向かってVサインをした。
どうやら、私の小さな祈りは神に届いたらしい。
私は感動で涙が止まらなかった。
コートから出てきた息子の顔は、前よりも少し大人びて見えた。