※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ほしいのは憐れみだけ

「馬鹿じゃないの?」
いつもは朗らかな君の刺々しい声。
「自分の立場分かってるの?」
わかってる。
「自分の性別分かってるの?」
嫌という程わかってる。
「…報われると思ってるの?」
思える訳、ないじゃない。
でも、いいんだ。僕が余りにも惨めだったなら、優しいあの人はきっと同情してくれる。
滑稽な僕を憐れんで、乞うままに触れてくれるかもしれない。抱いてくれるかもしれない。
ねえそうでしょう、と顔を上げれば泣きそうな君と目が合った。
そして僕は理解してしまう。

「どうして俺じゃだめなの?」
その問いは聞こえないふりをした。
ごめんねごめんね。
今僕が欲しいのは、君からのひたむきな愛情とか、そんなものではなくて、