※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仲間はずれ

浩太がペットを飼いたいと言い出した時は、犬か猫かと思った。
浩太が飼いたいのがヨウムという種類の体長30センチもある大型インコで、
20万以上もすると聞いてびっくりしたけど、日に1時間程度カゴの外で
遊んでやるくらいで普段はカゴの中に居るということで、僕の生活には
たいした影響は無いだろうと思ってOKした。
実際に初めて見たソイツは、グレーのウロコ模様の羽根に真っ赤な尻尾で、
白い虹彩の中の黒く小さい瞳孔が猛禽類のような、おっかない顔をした
デカイ鳥で、できれば近寄りたくないと思うような鳥だった。

「隆志~ッ!」
「はーい!何?」
「チューするッ?!」
「チューしよっか」
「チュッ!」
「上手にチューしたね」
「えへへへッ! カワイイねッ!」
「ありがとう!かっちゃんもカワイイね」
「カキカキしよっかッ!」
「どこカキカキする?」
「あごあごッ!」
「はい、あご出して。カキカキカキカキ」
「きもちいいねッ!」
「そう、きもちいいの、よかったね」
「隆志、だーい好きッ!!」
「僕もかっちゃんが大好きだよ」



「なあ、かっちゃんは俺のペットのはずなんだけど?」
「しょうがないじゃないか浩太。かっちゃんは僕が大好きなんだから。ねー」
俺が文句を言うと、隆志は「かっちゃん」を腕に乗せたまま言う。
「ねーッ!」
隆志の声に、かっちゃんが一緒に言うと、隆志は嬉しそうな笑顔を見せる。
まあ、これだけ楽しそうにしている隆志の顔を見られるんだから、少しくらい
の疎外感も我慢してもいいかと思えてくるんだが....
俺は隆志の隣に行って、かっちゃんの口真似をしてみた。
「チューする?」
ぷっと隆志は吹き出して、「チューしよっか」と定番の言葉を返してから
俺の唇に軽く触れるだけのキスをした。
すかさず、隆志の腕の上で、かっちゃんが言った。
「上手にチューしたねッ!!」
「あははははは!褒めてくれてありがとう、かっちゃん」
笑いながら、隆志はまたかっちゃんの相手をし始めた。
なんかもうラブラブな雰囲気の一人と一羽を見ながら、鳥に妬くのも大人気ないと
耐えるしかない俺なのだった。