※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大好きだからさようなら

何か変だなと思ったのは3ヶ月前。
携帯電話を盗み見たりなんかしなかったけれど、
自分のいるところで話をしない通話が多くなった。
たまたま鳴りっぱなしの携帯に出た時は、相手の人が無言で切った。
残業だと言っていたけれど、職場の人から緊急の電話が家にかかってきた。
服の趣味が変わった。
知らないシャンプーの匂いがした。
俺の吸わないタバコの匂いもした。

でも、一緒に暮らして長いから、仕方ないかと思ってた。
病気だけは気をつけて欲しいと思っていたけど。
俺は今でももてるから。他のやつより魅力的だと自信があったから。

「鍵を返して欲しいんだ」

それなのに、なんでそんな言葉が俺につきつけられるんだろう。

この間、そいつと一緒のお前を見た。
俺と一緒の時には見せなかった顔をしていた。
俺とつきあい始めた時にも見せていなかった顔だったかもしれない。
安心と愛情が混じった、たぶんあれが『幸せそうな顔』って言うんだろう。

離れたくない。
今でも好きだ。
でも、お前が大好きだから。
だから言ってあげる。

「さようなら」