※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツンデレ攻め×鬱受け

放課後の教室に、ぽつんと座っている彼が、ずっと気になっていた。

毎日毎日、少し俯いた姿勢で、一時間以上ただ座っているのだ。
まさか、椅子に接着剤を塗りたくられる、あの古典的なイタズラにでもあったのだろうか。

でも、よく考えたら彼が席を立った所も見ているから、それはない。
じゃあ何故彼は、窓際の席で、外も見ずに、ただ座っているのだろうか。
そんなモヤモヤが溜まった頃、直接本人に聞いてみようと、彼の目の前に座った。
彼は驚いたのか、俯いていた顔を上げ、黒い目を丸くさせていた。

「お前、何でいっつもここで、ボーっとしてるわけ?」

まさか、質問されるとは思ってなかったのか、彼は少し困ったように眉を寄せる。
「大した事じゃ、ないんだけど」
小さい、でも不思議と耳に残る声色で、彼は答えてくれた。

「明日って、ちゃんと来てくれるのかな、って」


「は?」
「学校終わると、不安になるんだ。僕が何でここにいるのか、とか、僕は居なくてもいいんじゃないか、とか」

苦笑と共に、彼は小さく溜め息を吐く。
「ちょっとマイナスな事考えてたら、時間が過ぎてただけだよ」
「なんだ、そんな事か」

心配していた訳でもないのに、安心したような溜め息がでた。
彼は、キョトンとした表情を浮かべると、小さく笑った。
「安心して。別に変な事は考えてないから」
「変なこと?」
「世界の滅亡的な事?」
「俺に聞くな」

憮然と言い放つと、彼はますます笑った。
笑うと、彼の顔は少し幼く見える。
「僕の顔、何か付いてる?」
「別に」
思わず、彼の顔をじっくり見つめてしまった事が気まずくて、すぐにその場から走り去った。

翌日、彼は放課後の教室に居なかった。
引っ越したと聞いて初めて、彼に恋をしていたと、知った。