※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東南アジアから来た天才少年

「『本格レッスンわずか2ヶ月で単独コンサート大成功の天才ピアニスト!ヌワン・パビ・ユエチャイくんの素顔にせまる!』
『脅威の音感、天才少年ユエチャイくん』『澄み切った音色から広がる美しい世界』『音楽の申し子・アジアから世界へ』だって。すごい記事ばっかりだな。見た?」
「みてない、ちゃんと読めない」
「お前婚約者が3人いることになってるけど」
「えー!?ホントに?…参ったなぁ、おっぱい大きいかなぁ」
「全然参ってないじゃん」
「でもホントに参った、昨日母さんに電話したら、妹が6人増えたって。いまうちオオジョタイ」
「受け入れちゃったのかよ、お前の母ちゃんもすごいな」
「まだしばらく帰れないみたいだからなぁ…チョト心配。じいちゃんも老い先短いし」
「ざっくりした日本語になっちゃってんぞ。…やめたい?」
「んーん、ピアノ好き、少しの、えーと流行り廃り?でも喜んで聴いてくれる人がいるのは嬉しいし、幸せなことだと思う、から。それに日本には、アキラがいるしね」
「……よせやい」
「エドッコ?ふふ。
でもホントに感謝してるんだよ、アキラにも、アキラのパパやママにも。昔僕にピアノを教えてくれたこと、友達になってくれたこと、たくさん優しくしてくれたこと、それから」
「ヌー、大変になったらすぐ言うんだぞ。強制送還してやるから」
「僕ミツニュウコクじゃないよー」
「はは、まーでもホント、もっと頼ってよ」
「うん、ありがとう。嬉しい。アキラは僕のキョウダイみたいなものだから」
「兄貴だろ、チョーカッコイイ。男前の」
「ちがう、男前はタカクラとワタナベ」
「ケンかよ!」
「あのね」
「うん?」
「時々思うんだ、嬉しいことや悲しいことがあったとき、アキラと僕が繋がってたら、どんなに幸せだろうって。
アキラの辛いことや悲しいことをわかってあげたいし、僕の嬉しいことでアキラにも喜んで欲しい。ホントに心が繋がって、僕たちが二人で一人だったら、そうしたら、アキラのこともヒトリジメできて…」
「ヌーって馬鹿?」
「なんで!」
「あのなあ、もう繋がってるっつーの、お前のことぐらい手に取るようにわかるぞ俺は」
「…そっか」
「信じてないだろ。ひとつ当ててやろうか」
「なに?」
「俺のこと好きだろ、超」
「…プレイボーイ」
「いなせと言え。それか色男」
「ちがう、それヒノショーヘイ」
「マジかー」
「でもホント、あたり。ピンポンだよ、アキラ好き、すごく好き。照れるけど。…愛してるんだ。ヘンかな?」
「月が綺麗ですねってか」
「まだごきげんようだよ?」
「テレビ好きだねお前」
「うん、でもアキラも好き」
「あれ、"も"なの?」
「ゴジュッポヒャッポ」
「えー?」
「倍ぐらい違う、アキラがヒャッポ」
「新解釈だな」
「…あのさ、……もしホントのホントのホントに辛いことがあってさ、シメンソカ?なって、僕が逃げ出したくなったらさ」
「攫っていいよ、お前の国に」
「……キスしていい?」
「こういうのはなー、きかないでするんだよ」
「愛してる。愛してる?」
「イェス,オフコース!」

「あ」
「?」
「今度あれ弾いてよ、エリーゼのために」
「いいけど…それしか知らないんでしょ」
「ばれたかー」