※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

情けは人のためならず

放課後、クラスメイトのAに頼まれた。
「わり、今日合コンなんだよ~。日直代わってくんね?」
彼女ができるといいねと思ったので、代わった。

ホームルーム中、クラスメイトのBに言われた。
「俺部活あんのに美化委員で掃除チェックなんかしてらんねーよ、お前やれよ」
県大会出場できるといいなと思ったので、手を挙げた。

休み時間、クラスメイトのCが焦ってた。
「今日授業当てられんのに教科書忘れた!」
それは大変だと思ったので、貸した。
こっちも当てられて、教科書忘れの罰でレポート提出させられた。

席替えの日、クラスメイトのDが言った。
「葉山の隣の席になったの、ふーん…? でも、目が悪いんだから前の席がいいよね?」
その通りなので、席を交換した。


卒業式の日、葉山が言った。
「お前はお人よしで、ずっと貧乏くじ引いて、人のために何かしてばっかりでさ。俺はずっと――」
何も言えないまま、近付いて来る彼を見た。
涙が出た。