※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

やんちゃヤリチン×穏やかジジイ

廊下を走る足音で、吉岡が来たと判った。
「……センセッ!」
喜色満面の大型犬にも似た男が、大きく研究室のドアを開く。
「吉岡君、廊下は走らない。……と、先日申し上げたはずですがね」
柔らかく微笑んだまま、佐々木は研究誌に向けていた顔を上げた。
は、と小さく息を吐き、穴の開いた風船のように瞬間しおれる。
「丁度良い、いただき物の和菓子がありますよ。お茶をお願いします」
「ッはいっっ!」
吉岡は顔を上げ、嬉しそうに電気ポットで茶を淹れ始めた。
大きな体躯に似合わず、繊細に気を使いながら丁寧に淹れる吉岡の茶が、佐々木は好きだ。
ピッチではあんなに大胆なプレイをしているのに、意外な面だと思う。
この研究室に吉岡が足繁く通うようになったのは、サッカーボールばかり夢中で追いかけて、単位という物に無頓着だったせいだ。
基本この大学は、スポーツ特待生には簡単に単位を上げていたが、佐々木だけはそのような事をしていない。
だから新年度で、青白い生徒たちの頭の上から、にょっきり伸びた赤銅色の顔を見て、魂消るほど驚いたのは当の佐々木だった。
一見やんちゃなガキ大将に見えるこの生徒は、思いの外真面目に講義に通い、まともに単位が取れそうなレベルになっている。
なのに何故か吉岡は、毎日のようにここにも顔を出す。
お陰で研究室にはここ数ヶ月、初めて見かける女の子が飛躍的に増えた。
いそいそと茶を用意し終え、向かいのソファに座った吉岡に、佐々木 は言った。
「君は、きちんと付き合っている人がいるのかな?」
すると、見る見るうちに吉岡の顔が赤らむ。
「え?あ、や。……そ、そのっ。……き、気になる人は……」
口ごもりながら吉岡は、誤魔化すように目の前の茶菓子にかぶりついた。
一口で頬張り、三回咀嚼すると素早く飲み込む。
「君とお付き合いしている、と自認する生徒から苦情がありましたよ。最近冷たいと」
「は、はぁ」
「同じような苦情が、今日で5人目です」
佐々木は澄ました顔で、茶を飲みながら苦情を伝えた。

ぐほごほと咳き込む吉岡にティッシュを差し出す。
「気になる人がいるなら、他の人に気を持たせてはいけませんよ。その子たちが可哀想でしょう?」
涙目になりながら鼻をかむ吉岡に、噛 んで含めるように言い聞かせる。
佐々木がじっと見つめると、慌てたように弁解を始めた。
「や、俺、僕っ!……まさかそんな…っ!」
立ち上がって面白くなるほど手足をばたつかせ、つ、と糸が切れたようにソファに沈み込むと、吉岡は深いため息をついた。
「ケーベツ、します、か?……こんな奴」
「いいえ」
佐々木は即答した。
「アイツらとは手を切ります。でも……俺、こんなん初めてで。どーして良いか、ワカンネッす」
髪の毛をかき回しながら、呻くように吉岡は言う。
湯のみを持って、佐々木は窓辺に立った。
「君がフィールドで活躍しているのを見ました」
とても綺麗な生き物だった、と佐々木は思い出した。
ポジションは判らないが、吉岡を中心に据え、生き生 きと動きまわって。
「あれを見たら、君の想い人とやらも心を動かされるでしょう……頑張りなさい」
「ほ、ホントッすか!え?マジで!?」
首まで赤くして吉岡が立ち上がった。
チャイムが鳴る。
「ほらほら、君はこれから講義でしょう?また今度にしなさい」
名残惜しそうな吉岡を追い出して、扉を閉じた。
若く力強く清々しい吉岡に比べ、白髪で老いさばらえた自分の、なんと醜い事よ。
それが証拠に、彼がいなくなるだけで、部屋の灯が消えたようだ。
何を考えているのだかと、佐々木は苦く笑った。