※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

病弱な若主人×屈強な使用人

お登勢は十六の若さで老舗の大店、矢尾井屋へ嫁いだ。
美しく愛情深い女だったが、生来体が弱かった。
やがて授かった嬰児を産み落とすと、命を使い果たしたかのように産褥で息を引き取った。

残された主人は、母を亡くした一粒種が愛おしいやら不憫やらで、いてもたってもいられない。
長寿を願って長久と名付け、上等な衣を誂え玩具を与え、屋敷の奥で風にも当てずに育てた。

長久は母親の血を濃く継いで、生まれながらに美しかった。そしてやはり病がちであった。
外にも出してもらえない長久の遊び相手は、専ら乳兄弟の弥助だった。
咳が出たとき背を擦ってもらうのも、手習いの出来を競うのも、外の話をねだるのもこの弥助だった。

弥助は長久よりもふたつ上である。
生真面目で頑固な性格から、我が儘な向きのある長久をよく諫めた。
父に甘やかされ、女中に傅かれて育った長久は苦言にしばしば癇癪を起こしたが、
弥助は意見を曲げず、長久が元の冷静さを取り戻すまで辛抱強く傍についていた。
うちの我が儘息子も弥助の言うことならば聞くようだと、主人も一目置いて恃みにしていた。
弥助が不在にしているとき、長久は決まって体調を崩すようになった。
自分が伏せっていると聞けば、弥助が万事を差し置いて駆けつけてくれることを知っていたのだ。
初めて身につけた狡知だった。

壁と襖で仕切られた十数畳の世間に、長久は不満を持たなかった。
些か窮屈ではあるが、孤独を感じたことはない。
窓の向こうに四季があり、無聊を慰める書物があり、傍らに弥助さえいれば全ては事足りた。
蔓草が支柱をとらえてきつく絡みつくように、どこか歪に結びついたまま揃って大人になった。

壮健そのものだった主人が、冬場のはやり病で呆気なく身罷った。
長久は勉学半ばの若輩ながら、跡を継いで主人となった。支えたのはやはり弥助だった。
幼少より商家に入って学んだ経歴もさることながら、剛直な人柄で家人の信頼も厚かった。

「弥助もいい若者になりました。どうでしょう、ここらで嫁を取らせては」
ある日、番頭が言った。既に相手も見繕ってあるという。
品行方正、楚々として評判もめでたい良家の娘だ。弥助とはさぞかし似合いだろう。
長久にしてみれば青天の霹靂だった。番頭の話に何と返答したのか、確とは覚えていない。
気分がすぐれない、その話は後日にと言ったきり奥へ引っ込んでしまった。
弥助が、血相を変えて出先から舞い戻ってきた。

「坊ちゃ――いや、旦那様。お加減はいかがです」
「大したことはないよ、済まないね」
長久は壁に凭れて座ったまま、柔和な面差しに手本のような笑みをかたちづくった。
一瞥して弥助は顔をしかめた。どこか異様だ。いや、どこもかしこも異様だ。
長久は微笑んでいる。ひどく思い詰めた目をして、
口元だけを弓張り月の形につり上げて、上辺ばかり笑みの体裁を整えている。
寒いのだろうか、まるめた襦袢をしっかりと胸に抱え込んで震えている。
傍へ行こうとすると、長久は壁づたいに後ずさった。
「近寄らないでおくれ……後生だから……」
掠れた懇願を無視して、弥助はなおもにじり寄る。
そのまま間近に顔を覗き込もうとして、ふいに抱きすくめられた。
華奢な体つきからは想像もつかぬ、息が止まるような力強さだった。

「……お前は私のものだ。神様仏様が、私だけのために与えてくだすったものだ。
 これまでずっとずっとそうだったんだ。今更、どうして手離すことができる」
呪詛でも呟くように長久は囁いた。
平素の柔らかな物腰とはかけ離れた激しさに、弥助は思わず目を瞠った。
「おかしなことを仰る。弥助はいつまでもお傍におります」
「そんなことは世間が許さない。……だから、私は今ここで、お前を傷物にしてしまおうと思う」
強く唇を吸われ、弥助は瞬きも忘れて息をのんだ。
朴念仁といわれる弥助でも、ここまできて主人の意図が飲み込めぬほど野暮ではない。
あおのいて固く目を閉じた。狂気の沙汰だと思いながら、主人に抱かれた。
腕っ節には自信があるし、はねのけることは造作もないだろうが、
主の肌に傷のひとつもつけるくらいならば、死んでしまった方が余程ましだった。

「どうして、泣くんです」
事が済んで子供のように泣き続ける主人を宥めながら、弥助は昔のことを思い返していた。
先代が存命の時分から、己の主人は既にこの人だけだった。
頼られるとき、縋りつかれるとき、この人が自分のために小狡い嘘をつくとき、
背筋が震えるような歓喜を覚えずにはいられなかった。
珠のような彼の涙は、そんな後ろ暗い悦びを、いつでも密やかに呼び起こす。