※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かえりたい


「なぁ」
「……」
「聞いてる?」
「……聞いてる、よ」
「ほんとかよ」
はーっとため息をつかれる。
学校が終わってそのまま圭介の家に転がりこんで。
明日提出の課題を一緒にやろうとのことだったのに結局ゲームばかりして。
日も暮れてゲームにも疲れてきたところで、
「俺が、お前を、好きだって言ってんの」
俺は友達に告白されていた。
「で、どう」
「え?」
「お前はどうなんだよ」
「どうって …そりゃあ」
「やっぱ男は駄目か」
そりゃそうだろ。俺は男でお前も男。
俺は女の子が好きだ。
黙っていると、圭介ががっくりと肩を落とした。
「そりゃそうだよな。当たり前だよ。でもさ、もしかしたらお前も、ってちょっと思ったんだよ」
「はぁ」
「いや、だってさ」
「お前、俺のこと好きだろ?」
「はぁ!?」
「嫌いなのかよ」
「いや別に嫌いじゃねーけど…」
「お前さ、俺と話してるとき、すっげー嬉しそうな顔してるじゃん。遊びに誘ってもそりゃもう嬉しそうだし・・」
「待て待て待て!」
「何だよ」
「そんなことねーだろう!」
「そんなことあるよ。目えキラキラさせてさあ・・」
「はああああ!?」
何いってんだこいつ!
「お前の目にフィルターかかってんじゃねえの?都合のいいやつ」
「まあそれもあるかもしれないけどさ、まだあるぞ」
「何?」
「俺が女の子に告白されたーって言ったらすげえ寂しそうな顔したじゃん」
「してねーよ!」
「いや、これは間違いない。断言できるし。そうだろ?」
そういってこっちを見てにやっと笑う。やめろよそれ・・
「あーーーー、まあ、ちょっとは、な。遊ぶやつ一人減るとかさ」
「女子かよ」
「うっせ!・・でも、俺がお前を好きでも、それはお前のとは違うよ」
確かに、圭介のことは他の友達とはちょっと違うと思ってる。
お前といると楽しいよ。だから圭介に彼女ができて遊べなくなったら嫌だと思った。
でもそれは、友達だろ?

「そうかな?」
「・・へ?・・・おおおお前なにすんだよ」
圭介が俺の両手首をつかんで、押しかかってきた。
「こうされて、どう思う?」
「どうって、気持ち悪いに決まってんだろ!」
「じゃあ逃げろよ」
「抑えられててどう逃げんだよ」
「そんな力入れてない。・・なあ」
そんな目で俺のこと見ないでくれ!
「逃げねえの?」
あーーーーー、もう、俺はお前に弱いんだよ、分かってるんだろ?
よくわかんねえけどお前と目が合うと、逆らえないんだよ!
「一樹・・」
だから、俺をホモにしないでくれ!
・・・かえりたい!

   


かえりたい