※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

七時半過ぎを早朝という男と早起きの男

「……あのなお前、いつも言うけど、こんな時間から電話かけてくんなよ」
どうせまた、急いで言う必要などない様な、どうでもいい用事なんだろう。
幼馴染として十五年も過ごしてきた経験上、既に骨身に染みて分かっている。
こいつの『急用』は、家の前で猫の親子が寝てるとか、今年初めて朝顔が咲いたとか。
そんな、こちらが呆れ返ってしまうほど、心底下らない要件に決まっているのだ。
「だって、もう七時半だよ」
「もう七時半だよ、じゃねえよ。まだ、だ。まだ」
「まだ…、って。本当、ケーゴって朝に弱いね」
「お前が強すぎるんだ」
毎朝五時に起きているような、人外の化け物と一緒にしないでほしい。
俺は、いたって普通の人間なだけだ。
「……で、用がないなら切るけど」
そうだ。まだ、起床時間まで三十分以上ある。
俺はまだ、このぬくぬくとした暖かい羽毛布団の中でまどろんでいたい。
誰であっても、俺の幸福な時間を奪う権利などない。
「外見て、外! 雪だよ、初雪!!」
「それで?」
それがどうした。雪なんぞ、ただの気象現象だ。
この季節なら珍しくもない。そんなに興奮するようなことでもないだろう。
「だから、早く出てきてよ! ケーゴんちの庭ならカマクラ作れるでしょ!?」
……まさか、登校までの間に作れってのか。しかも俺に、手伝えと。
人を無理やり叩き起こしておいて、そのうえクソ寒い中強制労働を?
馬鹿げてる。誰がお前なんかの言うことを聞くか。
断ってやる。今からもう一眠りするから諦めろ、って。
もうこれ以上人の睡眠を妨害すんな、迷惑だ、って。
そう、あいつに……。

……って、おい、俺の腕。いつの間に掛け布団を跳ね除けてるんだ。
それから足。どうしてこの寒さの中、嬉しそうにベッドから跳ね起きてるんだ。
そして、口よ。明らかに、A級戦犯は、お前だよお前。
何で「分かった分かった」だの、「すぐに行くから」だの、思ってもないこと言ってるんだ。