※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある日目覚めたら魔法がかかっていた

「ある日目覚めたら魔法がかかっていたんだよ」
「相談って、それか?」
「うん」
「そうか、よかったな。じゃ、俺は帰る」
「待てよ、待ってくれよ、待ってくださいお願いです」
「わかったよ、1つだけ聞いてやる。どんな魔法がかかってたんだ?」
「魔法が使えるようになる魔法」
「座布団全部取り上げるぞ、ゴルア」
「本当なんだよ~。これなんだかわかる?」
「...新しい魔女っ子シリーズの魔法のステッキのオモチャか?」
「に見えるよねえ。これを手に持って、魔法の言葉を唱えると、変身して
魔法が使えるようになるんだよ」
「ああ、そりゃよかったな、帰る!」
「マクリツマクリツルルルルルー♪」
「なんじゃ、その呪文は....ぶはっ!!はははははっ!その格好はなんだ!」
「これが僕の魔法使いコスチュームなんだって」
「普通、魔法少年のコスチュームのイメージはハリーポッターだろうが!
なんでミニスカなんだよ。脛毛さらすなww」
「僕が望んでこうなってるわけじゃないんだってば!」
「ひ~~、腹いて~~~。で、その格好で何すんの?正義の味方でも
すんの?大体、魔法少年って、お前、何の魔法が使えるようになったの?」
「僕が使えるようになった魔法はね、『限定一名様、魔法少年が思いを寄せる
相手の願いを叶える魔法』なんだって」
「なんだそりゃ!」
「僕が好きな人が望むことなら、僕がその人を好きでいる限り、何でも
叶えることができるんだって」
「へえ...そいつはラッキーだな」
「...なんで、こんな姿をさらしてまで、こんな話をしたか、わかってない?」
「ん....?」
「何でも叶えてあげるよ。何して欲しい?」
「....あ~~~...とりあえず、この会話の記憶を消して欲しいな。そんで、
告白はもうちょっとまともなシチュエーションでということで、ヨロシク」