※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あの星取ってきて

「すげーだろ、超偶然に田舎のばーちゃんちに落ちてきたらしくてさ」
「…ふーん」
「あ、ひで。リアクション薄っ」
「…これでも充分驚いてるんだけどね」
そう。表面上冷静を装っているものの十分に驚いてるし、何より動悸がおさまらない。
『僕と結婚したいなら、あの星取ってきて』
お前と結婚できたらな、と冗談めかして言った彼に、かぐや姫を気取ってそんな事を言ってみたあの日。
他愛ない日常。それでも僕は覚えている。
冗談でもいい、あの時素直に『結婚しよう』とでも返していればよかった、と今でも後悔する。
だから期待してしまった。隕石のカケラだという石を持って僕を訪れてきた彼に。
…馬鹿みたいだ。彼が手に入れた宝物を見せに来るのは昔からの事じゃないか。
そう自分に言い聞かせても、早鐘はいっこうに鎮まらない。
「…唐突に全っ然関係ない事聞くけど」
裏返りそうな声を必死で抑えて聞く。
「…もしも誰かが本当に宝物を見つけてきたとしたら、かぐや姫は本当に結婚したと思う?」
「しただろ。っつーかする気なかったとしても言い出したケジメで結婚しろ」
笑顔を急に引き締めて真剣にこちらの目を覗き込んで彼は言う。
「…な、何だよ。僕がかぐや姫本人みたいな言い方して」
「【星取ってきて】なんて無茶な難題出す奴がかぐや姫以外の何だってんだよ」
「!!…お前、覚えて…?!」
「っつーか…取ってきたわけじゃないし本当に隕石だって証明できないし、
【あの星】ってお前が示した星のカケラってわけでもないけど…」
それでもいいか?と彼は顔を赤くして手の中の星をこちらに差し出す。
「…合格に決まってるだろ」
差し出された手を両手で包み、取り繕えない泣き笑いの表情でようやくそれだけ告げた。