※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

男ばかり四兄弟の長兄×姉ばかり四姉弟の末弟

「駄目だ」
掴んだ腕は、簡単に振り払われてしまう。
「お前には背負っているものがあるだろう」

それでも僕は追いすがる。
離すものかと、両の手で彼の右腕を掴む。
「背負っているのは総一郎さんだって同じことだ。僕も一緒に」
「それは出来ない」
「どうして」
「お前がいなくなったら、家督は誰が継ぐ」
「元々僕には家を継ぐなんて無理です。知っているでしょう、僕は絵描きになりたいんだ」
「……」
「それに、才覚だったら夏子姉さんの方がずっと」
「篠塚の家に、男子はお前だけだ」

突き放すように言われた言葉に、僕は言い返すことができない。
――嫌だ。
彼に会えなくなるのは嫌だ。
彼が僕の前から姿を消すなんて、耐えられない。

「黙っていますから」
気がつけば、自分でも惨めだと思うほど、彼に縋り付いていた。
「今度の席で初めて顔を合わせた振りをしますから。心の奥底に沈めます。
 ……いえ、本当に忘れて貰って構わない。だからどうか」
「無かったことにしたいのか?」
その言葉に呼吸が止まる。
「俺には出来ない」
そう言って、彼は僅かに視線を落とした。

「……もしも」
声はひどく震えていた。
「もしも僕が、春江姉さんの弟でなかったから」
「同じことだ。俺があのひとを裏切っていたことに変わりはない」

一番上の姉を思い出す。綺麗で優しくて気丈な姉。
姉があんな風に泣いているのを見るのは初めてだった。
――姉を、傷つけたかったわけではない。

「無かったことにはできない。だが、あのひとをこれ以上裏切ることもできない」
確りとした、迷いの無い口調だった。
「うちにはまだ三人いる。俺が消えても、なんとでもなる」

彼は左手でゆっくりと、僕の両手を引き離していく。
空気の冷たさに、指の感覚はなくなっていた。

「しかし騒ぎにはなるだろう。両家に泥を塗った、そのけじめはつける」
「総一郎さん」

初めて出会ったとき、僕が彼を綿貫総一郎だと知っていたら。
抱き合うよりも前に、彼が僕を篠塚冬樹だと気づいていたら。

否、あの晩、僕が自ら打ち明けさえしなければ。
こんなことには、ならなかったのだろうか。

「さようなら」

彼の手は、暖かかった。