※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

相手を「さん」づけで呼ぶ

「あのさぁ、もう付き合って半年になるんだし先生はやめようよ。
 だいたい俺、別にお前の先生じゃないし。好きに呼んでいいからさ。」
ある日突然、俺の恋人がそういった。
確かに、彼の言うことは正しい。
俺たちの出会いが医者と看護師なんて立場だったから、ついそう呼んでしまうんだけど。
職場でならともかく、普段そう呼ぶのはおかしいってのはわかってた。
でも、外で呼ぶ機会がそうあるわけでもないし、ついそのままになっていた。
そもそも、何て呼べばいいんだ?


「もう、呼び捨てでもいいって。」
悩みが顔に出ていたらしく、彼にはそう言われたけど。
俺より年上で、キャリアなんてずっと上で。
憧れと尊敬の入り混じった想いを抱えている相手を、呼び捨てになんか出来るわけがない。
でもなぁ、苗字で呼ぶのは他人行儀だしなぁ。
あとは、「くん」づけか?
そんな馴れ馴れしいことできたら、思い切って呼び捨てにするよ。
残るのは、あれか。
やっぱあれしかないよなぁ。
先生、これで許してくれるかなぁ。


「………亮介さん。」

今の俺には、これが限界です。