※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

きみは2番。

「次の問題は……そうだな、じゃあ、出席番号一番と二番。安藤と市川」
 先公の声。俺はぶつくさいいながらノートを持って黒板の前に立つ。
 市川は涼しい顔でやっぱりノートを持ってきた。
(ここで書かされるのって、やっぱりめんどくさいし、なんか恥ずかしいな)
 俺は市川の耳元でささやく。
(そうか? ま、お前の実力だとそうかもな)
 癇に障る言葉。俺は振り上げそうになる拳をすんでで止めた。
「今日の問題は難しいからな」
 先公の声が追い討ちをかける。……確かに難しい。つか、わからん。
 予習してあってもいまいちで、ノートも空白だ。
(わかるか、これ)
 俺は安藤に耳打ちする。市川はクスリと笑うと、無言でノートをさっとすり替えた。
 そのノートには几帳面なあいつらしい整った解答。

 その脇に、
「安藤には俺がいないとやっぱりだめなんだな」
 そんなことが書いてあった。
 ……相合傘なんていう、古風なおまじないと一緒に。