※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日陰の存在

「じゃあーこの問題は・・・っと、今日は12月20日だから、
 出席番号20番の奴に答えてもらおうかな!」

20番・・・小山くんだ。
目の前の愛しい背中を、じっと見つめる。

「えー、20番は小山だな!小山、立てよー」

面倒くさそうに、少し照れながら立ち上がった小山くん。
居眠りしてたのか、右側の髪が、少しハネてる。

「えっと・・・」

急いで教科書をめくるけど、間に合わない。

「お、どうしたどうした?居眠りでもしてたのかー?」

笑顔で追い詰めるタナケン。
(タナケンは人気の先生だけど、ちょっとSなんだ。)
ザワつく教室、囃し立てるクラスメイト。

小山くんは科学が大の苦手だもんね、きっと答えられないよ。


「───えっと、XXXの定理、XXの原理、です」

本当に答えられると思ってなかったみたいで、タナケンはめちゃくちゃ驚いてた。
何事も無かったように、また動き始めた四角い教室。


そっと振り向いた小山くんは僕が渡した切れ端見せて、笑顔をくれたんだ。