※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ド○モ×ボー○フォン

「よう、お前らがどれほど頑張ろうが、俺の人気には勝てないボダちゃんじゃねーか」
「あ、……貴方は……ドコ●のFOM●さん…何ですか。イヤミなら聞きません」
「イヤミじゃねーよ。事実さ。……なぁボダ…、俺、最近なんて呼ばれてるか知ってっか?」
「新規でも値段が高いとか、FOM●さんに限っては電波がクソ悪いとか…そういう?」
「ほーーぅ。言ってくれるじゃねぇか」
「あ、いえ……すいません。その……」
「…俺の最近のニックネームは『体感するケータイへ』。……ってな訳で、たっぷり俺を味わいな!」
「なっ……?!冗談……!止めてください!顧客数にモノ言わせて僕をどうしようって言うのですか!」
「カマトトぶってんじゃねぇよ!J-●honeからボダになって、サービス悪くなったらしいな?テクの腕落ちたんじゃねぇのか?!」
「うるさいうるさいうるさい!大量に相手するようになっちゃ、一人一人きっちり相手になんか出来ないです!」
「ほーぉ、じゃあ俺にはたっぷり相手して貰おうか……」
「やめっ……、んぅッ――――!」
「……ほら、お前、スピーカーの穴を舐めつつ、挿れられンの弱いよな……イイか?」
「ヤ、……そんな、充電の差込口をぐちゃぐちゃにしないで下さ……!」
「っくく……ここに液体流し込んだらどーなるんだろぉなぁ……?」
「!?……そんな!貴方だって、ただじゃ済まな―――……!」
「……俺にはもう一つ、異名があってな……」
「…え、………?」
「『さらにつながるFOM●へ』」
「ッ……!!んぁっ!……そんな、そんな深く……!繋がってこないで……!」
「イイ声で鳴くじゃネェか……誰かに気づかれるかもしれねぇ…ちょっとサイレント(無音)にしておけよ…?俺もバイブモードにすらぁ」
「―――や―ッ…バイブは、駄目………んんっ!!」

ぶーん ぶーん ぶーん (効果音)

とか何とか!携帯のモードを駆使しちゃったりして…!!
……長くてゴメンナサイ…_| ̄|○