※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とろけるチーズ×食パン

<登場人物紹介>
○とろけるチーズ
 自己主張の強い少年。常に熱を求める反面、保存は冷蔵で、冷えているときは(精神的に)脆い。
 誰でもいいからさっさと相手を決めて、こんな寒いところは出てとろけようと考えていた。
 ところがひょんなことから食パンと出会い、彼の懐の深さを知り、好きになってしまう。
 バターやマーガリンに張り合いつつ、ようやく食パンに想いを伝えるのだが…

○食パン
 純朴青年。強い個性はなく真っ白で、相手の味に染まってしまうように見えて、
 パンとしての主張はきちんとするしっかり者。笑うと表情がふにゃんと崩れる。
 とろけるチーズに告白され、紆余曲折の末、彼と一緒になることを決意。
 しかしそれを彼に伝えようとした矢先、冷凍室へ入れられてしまう。

○バター、マーガリン
 冷蔵室の中では滞在期間の長い先輩達であり、食パンの許婚候補。
 バターは口は悪いが人情家、マーガリンは口調は丁寧だが態度があっさりしている。
 マーガリンはバターを「兄さん」と呼んでいるが、本当は実の兄弟ではない。
 とろけるチーズがやって来るまでは、二人のうちどちらかが食パンを手にする筈だった。

<次回予告>
コールドスリープに入ってしまった食パンをひたすら待つとろけるチーズ。
一日、また一日、冷蔵室の時間が過ぎていく。
しかしとろけるチーズの脳裏には、あのときの冷凍室へ向かう食パンの姿が焼きついて離れない。

「お前さん、いつまで一人でそうしてるつもりだ?」
「そうですよ。早くしないと、あなたの時間がもう……」

彼を心配するバターとマーガリンもまた、あの頃よりも量が減ってしまっている。
着実に近付いてくるタイムリミット。開かない冷凍室の扉。

「けど俺は……俺は、あのひとの上でとろけるって決めたんだ!」

二人がオーブントースターの中で再会できる日はやってくるのか。
次週、激動の最終回『芯までとろけて』、お楽しみに!

――本当にとろけていたのは、誰?