※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

年下イケメンに愛されるフツメン

「家に帰りなさい。」
もう何度彼に言っただろうか。しかし彼は頑として動かない。
「お前はこっちに来てはいけない。ご両親を悲しませることになる。」
また彼に説得を試みる。しかし彼の顔を見れない。真っ直ぐな彼の目を見ては嘘をつけない。
「お前は若すぎる。」
端正な顔立ち。女子にだって好かれるだろう。
「もっと自分の人生を考えろ。」
嘘だ。本当は。

それを見越したように彼は真っ直ぐな瞳で答える。
「殿!俺は殿の臣として最後までお供する覚悟です!」
忠節のもと死ぬ使命感によって顔が輝いている。
ああ、彼は何を言ってもついてくる気だろう。
私が力ない将でなかったら彼をこんな死地に連れてくることもなかったろうに。
なんと情けない。

私が諦めのため息をつくと彼は子供のような笑みをこぼした。