※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

彼のことを、知り合いの誰もが知っているのに僕は知らない

――彼は、僕と同じクラスに居るらしい

同じクラスに居るというのに、僕は未だに『彼』が誰だか分からない。
友達は皆話をはぐらかすから、噂話を盗み聞くしか僕に『彼』の情報を手に入れる手段は無い。
彼のことを思うと、胸がチクリと痛む。

――彼は、天然ボケらしい

天然ボケなんてクラスに居ただろうか。思い当たる人物はいない。
そもそも天然ボケってのがなんなのかよく分からない。
そもそもここは特進クラスだ。頭の悪いやつなんかいる訳ないのだが…

――彼は、アイツに下の名前で呼ばれているらしい

正直、うらやましくて仕方が無い。
僕は何度心の中でアイツを名前で呼んだことか。
けれどいざ、アイツの前に立つと照れてしまって結局名字で呼んでしまうのだ。

――アイツは、彼に恋をしているらしい

たまたまそれを耳にした時は、泣きたくなるほど苦しかった。
アイツの事は何でも知っていると思っていたのに、僕は『彼』なんて知らない。
アイツの一番近くにいるのは僕だと、勘違いしていた。滑稽な話だ。

今頃、アイツは彼の隣にいるのだろうか――

「藤…っ、い、いや…そ、宗太っ!」
「え、清水?どうしてここに…」
「ちょっと、聞いて欲しいことがあるんだ。」


――アイツは今日、彼に告白するらしい