※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黒い騎士と白い騎士

忠誠を誓わないかわりに、紋章の入った盾と鎧を黒く塗りつぶす。
俺は黒騎士と呼ばれるただの雇われ傭兵だ。
金がないから金を稼ぐために兵になる。だが決して忠誠は誓わない。
戦うのは名誉のためでもなく主のためでもなく自分のため。
王直属の騎士達は俺達を蔑み、国王も俺達を捨て駒として使う。
俺達も死にたくはないからより一層腕を磨く。そうして力でねじ伏せていく。

ある日、俺達の戦場に若い銀髪の騎士が来た。その美貌は見るものすべての心を奪うほどだった。
代々国王の近くで仕えてきた貴族の跡取りだという。
ただ彼は果てしなく潔癖で、傭兵達の秩序の無さを非常に嫌った。
ただでさえ傭兵は争いで気が立っているというのに、ことあるごとに叱責されてはたまらない。
次第に黒騎士達は彼に反発心を抱くようになった。「白騎士さん」と彼を揶揄して呼ぶものもいた。
しかも女っ気のない所に、そこらの女よりも各段に美しい人間がいるのだ。
怒りと邪が増幅し、ある日、黒騎士たちが彼のテントに押しかける事件が起こった。
悲鳴が聞こえ、俺はすぐに彼のテントに向かったが、そこには予想に反して、黒い鎧を着たものたちが血まみれになって累々と倒れていた。
顔面蒼白になった彼の手には、真っ赤になった剣がぶら下がったままだ。
「落ち着け…。俺は敵じゃない」
「はっ…はぁっ…はぁっ…」
全身で拒否する彼をなだめ、何があったのかを確認した。
初めは心を閉ざしていたが、次第に口をひらき、複数の男たちに抑えつけられ犯された事。
そのうちに興奮が高まり、命も奪われそうになった事を俺に語った。
「私を汚した者は絶対に許さない…」
震える声で怒りを口にする彼は美しかった。
なんて崇高で美しい騎士だろうかと俺は思った。

年月が経ち、俺はまたその国の傭兵として雇われることになった。
最初の仕事として命じられたのが、国王を裏切り敵に重要な情報を流した騎士の処分だった。

今、目の前にいる騎士は、昔の俺に「国王に忠誠を誓わない者は騎士ではない」と言っていた者だ。
「一つ聞きたい。何故、お前はそんなことをしたのだ。この世で最も崇高で潔癖な騎士だったのに」
俺は剣をかまえながら彼に聞いた。
「国王が私を汚したから」
その一言で何があったのかはわかった。
彼は静かに目を閉じた。
本当は彼に会ったら言いたい事があった。
もしお前が一緒に戦いたいと望んでくれるなら、俺は国王に形だけの忠誠を誓ってもいいと。
だが、もうそれは遅かった。
俺はそのまま剣を振り下ろした。