※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宝石商

「この石のリカットを依頼したいと?」
彼は僕の差し出したダイヤモンドを手に取った。
「父の遺産にあったのですが、これだけ大きいと高額になりすぎて
処分し難いのです。分割して処分したいと思いまして....」
事前に用意しておいた言い訳を説明する。
いや、これはこれで真実だし。
「お父様は、元華族のお家柄でしたな。財閥解体で規模縮小をやむなく
されながらも、その経営手腕で再び力をつけた複合企業。社会福祉にも
力を入れて、多くの人々の尊敬を集めた人格者」
赤ん坊のこぶしくらいはありそうなペアーシェイプのダイヤモンドの巨塊を
弄びながら、彼は眼鏡の向こうから鋭い視線を向けて言った。
「そんなお父様も、人に言えない面をお持ちだったようですな。これは
50年程前に盗難被害に遭った石です」
バレた....
僕は下唇を噛んだ。
公になっている資産はとっくに処分した。それでも弟の移植手術には
まだ金が必要なのに。
黙ってうつむいている僕の前にダイヤモンドを置くと、彼は人差し指で
それを押さえた。
「リカットすれば石の素性を隠して売り払うこともできる。お父様の
名誉も守ることができる、というところですか。子供なりに考えましたね」
子供と言われてカッとなって顔を上げると、僕を見下ろしていた彼と
目が合った。
「良いでしょう。私の出す条件を飲むのなら、私がこの石を丸ごと買い上げ
ましょう」
彼は薄い唇をゆがめて笑った。眼鏡の奥の目は笑っていなかった。