※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

怖い顔×怖い顔

「笑う子も泣かす花屋のゴルゴ」とは、母が俺に付けたあだ名だった。
確かに俺は背は高い、眉は太いがそりゃないだろ…と思った。
が、近所の小学生にはすっかりお馴染みになってしまったようで、
悪戯っぽく「ゴルゴ~!」と叫んでは逃げていく。
背中から撃ったろかクソガキ。

そんなある日、最近転校してきたらしい小学生がひとり、花を買いに来た。
入院中の姉に小さな花束をあげたい、と話すそいつの
やけに長い前髪の隙間から、生々しい傷痕が覗いていて思わず手が止まった。

傷ついた子供は敏感だった。
「これ、怖いでしょ?へへ…」と弱々しく笑う彼に、
何も言えず、ただ花束を造ることしか出来なかった。

その後もそいつは、ウチの店に寄っては、花を買ったり鉢を見たりしていた。
植物が好きらしい、話をしてやれば興味深そうに聞くので、俺もついつい色んな話をする。
常連サービスだと言って花の種を分けてやったら、珍しくいい笑顔を見せたので、
俺までなんだか嬉しくなってしまった。

ある日、小学校から依頼されて花壇の整備をしに行った。
校庭でサッカーをするクソガキが、俺を目ざとく見つけて
「ゴルゴが来たー!」と囃したてる。
その声を聞き付けたのか、校舎から常連が飛び出してきた。
「何しに来たの!?」と嬉しそうに俺にまとわりつく。
それを見たクソガキが、さらに囃し立てる。
「ゴルゴがフランケンと手を組んだぞー!!」
瞬間、暗い顔になった常連を見て、そいつの前髪が長い理由がわかった。
「…しょうがないんだ、へへ…」
と無理矢理笑った顔を見て、何かキレた。
常連をひょいと肩車し、グラウンドに向かって歩く。
からかい調子ではしゃぐクソガキの頭をめっしりと捕まえて
「こいつは俺の友達なんだよ、いじめたら…背中から撃つぞ。」
と、なるべく怖い声ですごんでやった。
青い顔してうなずくクソガキ。
まだまだ子供だ。
常連を肩から降ろし、背中を叩く。
クソガキの1人が
「…お前さぁ~…サッカー出来る?」と話し掛ける。
俺は振り返らずに花壇に戻り、黙って小学校をあとにした。
子供たちがはしゃぐ声を聞きながら。